忙しい社会人にオススメしたい!効率よく英語を学べる勉強法6選



英語のスキルは社会人になると将来の選択肢の幅を広めてくれます。しかし社会人で英語が苦手な人も少なくないはず。忙しいし、勉強する時間もないし、今更勉強したってもう頭に入らない。そういって英語学習を諦めていませんか?

社会人から改めて英語スキルを身につける為に大事なのは「効率よく学ぶこと」これに集約されています。

今回は、忙しくてまとまった勉強時間を確保できない社会人にオススメの勉強法をご紹介します。

スポンサードサーチ


勉強法1.基礎を学び直すなら中学英語を

01
引用元:GAHAG
まず、全く英語が抜けてしまった人は基礎から学びましょう。社会人で使う英語にはTOEICなどで出題されるような細かい間違い探しのような文法を覚える必要がありません。

中学生の教科書で学べる範囲の文法をしっかり学べばある程度の応用文法もカバーすることができます。

中学英語を再度復習する場合にオススメの教材はこちら。

多くの中学校で扱われている参考書です。文法メインの参考書で多くの例文でわかりやすく説明が記載されています。

勉強法2.朝と夜の通勤時間は有効活用!

inthetrain
引用元:Nick Rennie Media Services

日本のサラリーマンの平均通勤時間は片道約1時間と言われています。人が勉強するときは朝に思考を使いアウトプットするのに適していて、夜は思考能力をあまり使わず、暗記するのに適しています。

朝は英字新聞や英語学習サービスで学び、その感想や意見をツイッターで英語で呟くなどの方法が効率よく身につく学習法と言えるでしょう。

そして夜は単語帳を使っての学習をオススメします。寝ている間に記憶に定着していく人間の性質上、夜の帰宅途中か寝る前の暗記物の学習をオススメします。

例えばTEDで興味のあるコンテンツビデオを観て、その意見を英語学習専用のツイッターアカウントでつぶやいていたりしました。

英語辞典もビデオ視聴も全てスマートフォンで賄うことができるので電車通勤の時間でもスマートな学習をすることができます。

勉強法3.同じ職種、共通の趣味を持つ母国話者を探す

talking
引用元:GATAG

やはり共通の話題ほど話のネタになることはないですよね。「lang-8」では気軽に英語添削をお願いしたり、メッセージのやりとりをする相手を見つけることができます。

ネイティブスピーカーとの日常的なやりとりやその職種ならではのボキャブラリーなどを学ぶことができます。実践的に英語を学ぶならオススメです。

実際、筆者は台湾人(英語教師志望)の留学生と仲良くなって毎日スカイプして実践的に英語を使って勉強していました。

勉強法4.1週間の短期留学で環境を英語しかない世界にする

air
引用元:GATAG
社会人では長期のまとまった休みをとることが難しいのが難点です。有給休暇で1週間の休みが取れれば短期で留学に行くのも選択肢のうちの一つです。

いきなり短期留学に行くのではなく、あらかじめ基礎的な文法やボキャブラリーは覚えておく必要があります。1週間の留学で「英語についていくのが必死だった」では意味がないのです。比較的や安く済むので集中的に自分の語学力に挑戦したい人は短期留学をオススメします。

勉強法5.年に2度 TOEICを受ける

toeic
引用元:English Hacker

語学力がどのくらいついたのかを目安として測るにはTOEICの公式テストを受けることをオススメします。またTOEICの勉強をするのではなく、あくまでも「英語を勉強するスタンス」で試験に臨むと良いでしょう。

TOEICの出題に慣れるために勉強は2週間前程度から始めるのがベストと言えます。

勉強法6.英語学習のゴールから逆算して基礎から学ぶ

goal
引用元:Goodthink Inc.
語学学習で大事なのはゴールから自分がどれだけ頑張らなきゃいけないのか、それを効率よく学ぶ時間、ペースをしっかり算段立てることが重要です。

TOEIC TOEFLなどの目標スコアをゴールに設定するとわかりやすいでしょう。

まずは基礎となる土台をしっかり固めてそれにボキャブラリーや応用文法などを肉つけし、実際に英語をアウトプットをしていくことをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?社会人にとって忙しい時間の合間を縫って英語力をあげるには、しっかりと自分の目指す目標を持って適した勉強法を行っていくことが大事になります。

語学力を向上させて将来のキャリアの幅を広げましょう!


おすすめ記事

英語学習ってこんなに楽しくていいの…?海外ドラマで英語学習しよう!

» 英語勉強にオススメな『海外ドラマ』20選【リスニング学習用】