クリスマスカードの英語メッセージに『コピーで使える』例文13選



【おすすめアプリ】無料で英会話レッスンを受けることができます!

導入企業1,000社以上!No.1のオンライン英会話サービスなら、レアジョブ

» こちらのリンクからアプリをダウンロードしてください


今回はクリスマスカードで学ぶ英語表現です。
欧米ではキリスト教徒が11月末から12月にかけてクリスマスカードを送り合う習慣が定着しています。クリスマス前に届くように送り、受け取ったカードは暖炉や棚の上に飾るとか、クリスマスのデコレーションの一部にして楽しんでいます。

クリスマスカードには新年のあいさつも含まれているので、新年まで飾る方も多いようです。

スポンサードサーチ


クリスマスカードの歴史とは

クリスマスカードの歴史とは

さて、クリスマスカードの歴史は1843年、英国で郵政省に従事していたSir Henry Cole(ヘンリーコール)が郵便局の繁栄のためにカードを送り合うアイディアを考案し、一般に普及させたそうです。ヘンリーコールはアーティストの友人John Horsleyとコラボで2種類のクリスマスカードを作成し、1シリングで販売したのが最初のクリスマスカードです。

このアイディアは大当たりで、人々が家族や友人に送るためにこぞって購入したそうです。今日では、選ぶのに苦労するぐらい多くのクリスマスカードを目にすることができますね。

カードに書くメッセージはクリスマスと新年を含むホリデーシーズンをハッピーに過ごせるようにと願う言葉と、来る年が良い年になるよう願う言葉を書き添えます。

それでは、クリスマスカードの定番表現をご紹介しましょう。

クリスマスカードの英語メッセージ:宛先の書き方

クリスマスカードの英語メッセージ:宛先の書き方

Dear (名前),
Dearest (名前),
To (名前),
親愛なる、(名前)へ

クリスマスカードの英語メッセージ:定番表現

クリスマスカードの英語メッセージ:定番表現

Merry Christmas and a Happy New Year!
メリー・クリスマスと新年おめでとう!

Wishing you all the best for Christmas and the New Year.
クリスマスと新年が素晴らしいものになりますよう願っています

Best wishes for Christmas and the New Year.
クリスマスと新年が素晴らしいものになりますように!

気をつけていただきたいことですが、海外ではキリスト教徒ではない方にとって、“Merry Christmas”と書かれたカードを受け取ることに抵抗がある方々もいます。
というのもクリスマスというのは、キリスト教の創造主であるイエスキリストの誕生を祝う日だからです。

摩擦を避けるために、“Merry Christmas”を”Happy Holidays”に代えるだけでどなたにでも送れるカードになりますね。

クリスマスカードの英語メッセージ:ハッピーホリデーの書き方

クリスマスカードの英語メッセージ:ハッピーホリデーの書き方
Best wishes to you and your family during the holiday season.
ご家族ともによいホリデーシーズンをお迎えください

Have a wonderful holiday season filled with joy and happiness.
素敵なホリデーシーズンが楽しさいっぱいで満たされますように

Happy Holidays to you and your family.
ご家族ともに素晴らしいホリデーをお過ごしください

クリスマスカードの英語メッセージ:最後の差出人名の書き方

クリスマスカードの英語メッセージ:最後の差出人名の書き方

“Love from (名前)”,
“From (名前)”,
“Best wishes (名前)”…
などで締めくくります。

最後におまけです。
“Christmas”を“Xmas”と略されることも覚えておきましょう。このXはイエスキリストのクロス:十字架を意味しています。

以上となります。
記事が参考になりましたら幸いです。


おすすめ記事

英語学習ってこんなに楽しくていいの…?海外ドラマで英語学習しよう!

» 英語勉強にオススメな『海外ドラマ』20選【リスニング学習用】