日常会話でサラリと使える『英語のことわざ』【50選】



もくじ

英語でおかしな表現を聞いたことはないでしょうか?

「The cat’s out of the bag」(秘密が漏れた)
「But it’s no use crying over spilt milk」(だが打つ手はたくさんある。)」
「Let’s strike while the iron is hot」(鉄は熱いうちに打て)」

もしネイティブにこれらの意味を聞けばこう言われるでしょう。「英語をしっかり勉強しなさい。Rome wasn’t built in a day(ローマは一日にしてならず)ってゆうでしょ?」

そうです。実はこれらは英語の独特なことわざ表現なのです。

スポンサードサーチ


英語のことわざとは…?

英語のことわざとは…?
ことわざとはある国での伝統的な言い回しのことです。多くは人生の教訓を表す一文です。英語のネイティブスピーカーは日常的にそれらを頻繁に使うことが多いです。ことわざを学ぶことでその国の文化も学ぶことができます。人にとって大切なこと、なにをすべきで、なにをしてはいけないか、またある土地の歴史背景なども、ことわざから得ることができます。たとえば、農家で生まれたことわざは多くの農業に関する専門用語を用い、漁村で生まれたことわざは海に関しての専門用語が用いられます。

このことわざをより理解するために今回はトップ50のよく使われることわざを紹介します。

よく使われる英語のことわざ50選

よく使われる英語のことわざ50選

1. The glass is always greener on the other side of the fence.(隣の芝は青い)

これは嫉妬することはよくないという意味のことわざです。芝生とは職業など様々な物のたとえです。他人の家には自分の家の芝生より青々とした芝生があるようみえる。しかし、隣人もまたあなたの家の芝生の方がいいなと思っているのです。ですから、他の人が持っているものについて考えるのではなく、自分が持っているものに感謝の気持ちを持ちなさい、ということを表しています。

2. Don’t judge a book by its cover.(表面で判断してはいけない)

物事は外観通りとは限りません。人を外見で判断してはいけないということをこのことわざは表しています。興味を引かないような地味な表紙の本が驚くほど面白いこともあります。人についても同じことが言えます。アスリートのような格好の人、愚か者であるかのような服装をした人にもそれ以上もしくは以下のものがあるかもしれません。

3. Strike while the iron is hot.(鉄は熱いうちに打て)

この表現は鍛冶屋の仕事の話から生まれました。鉄の形を整えるために鍛冶屋はハンマーで打たなければなりません。鉄は熱い間の時だけ形を楽に整えられます。ある瞬間を逃さずに利用すべきことをこのことわざは表しています。そのチャンスは二度とやって来ないかもしれないのですぐに行動を起こしなさいと言う意味です。

4. Too many cooks spoil the broth.(船頭多くして船山に上る)

“Too many cooks in the kitchen.”とも言います。たくさんの料理人たちが小さな調理台とコンロしかない台所で仕事をしようとすると収拾がつかなくなり料理を台無しにしてしまうことがあります。一度に多くの人が同じことをしようとすると困ったことになるということわざです。

5. You can’t have your cake and eat it. (ケーキはなくならないように食べることはできない)

5. You can’t have your cake and eat it. (ケーキはなくならないように食べることはできない)
ケーキは食べてしまえばなくなります。なくならないように食べることはできません。このことわざはふたつの相反する欲望についての教えを表しています。両方を手に入れることは不可能ということです。”You can’t have the best of both worlds”と同様の意味です。

6. Many hands make light work.(多くの人手は仕事の負担を減らす)

重いものを多くの人が運べば重く感じません。これがこのことわざの一般的な意味です。みんなが一緒になって何かを成し遂げようとすればそれぞれの人の負担は減ります。

7. When in Rome, do as the Romans do. (郷に入っては郷に従え)

遠く離れたどこかを訪れた時には現地の人と同じように行動すべきです。それは礼儀でもありますが、変な問題を起こさずに済むます。このことわざは、世界中から首都ローマへ人々がやってきた古代ローマ時代のお話から生まれました。当時、各都市間の文化は非常に異なったものでした。しかしどこから来たとしても、その人達はローマにいる間はローマ人のやり方で行動しました。

8. Don’t cross the bridge until you come to it.(橋のところに来る前に渡ろうとしてはいけない)

このことわざは物事について心配しすぎてはいけないということを意味しています。将来、問題となることはきっと起こるでしょう。でも、今何ができるでしょうか?起こらないかもしれない問題について悩むより、今自分がやっていることをを考えた方がいいということです。問題が起こったらそのときに対処すればいいのです。

9. Honesty is the best policy.(正直は最善の策)

嘘をたくさんつくことは難しいものです。なぜなら、自分がついた嘘を忘れることがあるからです。するとすぐに誰かがその嘘を見破ってしまいます。嘘をついた人は困ったことになります。また、たとえ嘘がばれなかったとしても、嘘をついた人は本当のことを言わなかった自罪の意識に苛まれるでしょう。正直になり嘘をつかなければ周りの人から信じられ尊敬されるでしょう。

10. Practice makes perfect. (練習が完璧を生み出す)

初めてギターを手にしてロックスターのようにプレイできることはまずありません。初めて車に乗った人がプロのように運転できるでしょうか?たった一回の英語のレッスンで完璧な英語が話せるでしょうか?そんなことはまずないでしょう。しかし、諦めずに練習し続ければどんなことでもマスターできるものです。

11. Where there’s a will, there’s a way.(意志があれば道は開ける)

11. Where there’s a will, there’s a way.
このことわざは、もう諦めてしまいたいと思っている人を励ましていると言われています。ときとして乗り越えるのが不可能と思われるような困難に直面することがあります。しかし、不可能なことはないと思えば、立ちはだかるものは何もありません。つまり、目の前の問題に対処しようとする意思を持てば、乗り越えられる道が開けてくるということです。

12. Look bore you leap. (飛ぶ前に見ろ)

物事をよく考えずにすぐやるべきではありません。次に何が起こるのかを一度考えましょう。崖から飛び降りる際には下までどのくらいの距離があるのか、着地点に何があるのかを必ずチェックするでしょう。飛び降りる前には一度止まって、それが正しいのかを確かめるべきです。人生で”Jump”をするときも同じです。大切な行動をする前には状況を見渡しその状況をよく把握すべきです。

13. Beggars can’t be choosers.(物乞いをする人は選べない)

人がタダでものをくれたり手伝ってくれたりするとき、それとは違った色のものや自分の都合のいい時間を求めることはできません。タダで助けや品物をもらうときにはその人が申し出たままを受け入れなければなりません。つまり、もらう側は選ぶことはできないということです。

14. Don’t make a mountain out of an anthill.(アリ塚を山だと思ってはいけない)

人は時々小さな問題に心を乱します。このことわざは、その問題がどの程度大切なのか(大切ではないのか)を時間をかけて確かめるべきことを思い出させてくれます。人生を生きることを考えるば洗濯物を散らかしたり、仕事に遅れたりすることは実はそれほど問題ではありません。ですから落ち着いて小さな問題には腹を立てないようにすることが大切です。

15. An apple a day keeps the doctor away.(一日にリンゴを一つ食べれば医者はいらない)

リンゴにビタミンCをたくせん含んでいます。それによって健康は保てるというのです。このことわざでのリンゴというものは体にいいものを食べることという意味です。つまり、多くの果物や野菜を使った食事をしっかりと食べれば病院へ行く必要がなくなるということです。

16. The early bird catches the worm.(早起きは三文の徳)

16. The early bird catches the worm.
このことわざは”first come, first served.”(最初に来た人は最初に食事がもらえる)ととてもよく似ています。単純に、早い方が良いという意味です。衣料品店、レストラン、会議などどこへでも早く着いた方が選べることが多いということです。遅くなってしまったら洋服が売り切れになっていたりレストランが満席になっていたりして長い時間待たなくではなりません。

17. Better late than never.(遅くなってもしないよりはいい)

早起きの鳥であるのはいいことですが、遅くなっても何かを得られる人もいます。やらなければにそのままではずっと事態は悪くなります。このことわざは人とのけんかを終わらせることについても同じです。けんかをそのままにしておくより、遅くなっても後のことを考えて謝った方がいいというのです。

18. The cat is out of the bag.(猫は袋から出た)

このことわざは秘密が漏れたことを意味しています。中世の市場でのことに由来してよく使われていた忠告です。これはおいしそうな豚を買ったつもりだったが、実は売り手は豚の代わりに猫を袋の中に入れ、その猫を袋から出すことが策略だったことが語源です。

19. Two wrongs don’t make a right.(二つの間違いから正しいことは一つも生まれない)

誰かがあなたを侮辱したりあなたに害を与えたりしたとします(1つ目の間違い)。あなたは同じことをやり返します(2つ目の間違い)。これではなにもうまくいきません。これは終わりのないけんかの応酬へとつながってしまいます。誰かがきわまりないことをしてきても、同じように仕返しをしてはいけません。

20. Always put your best foot forward.(いつも前向きに)

ある企画や旅行を始めようとしているときには前向きに心構えをする活力をもつべきです。第一印象というものはその後も長い間残ることがあります。そういうわけでこのことわざは初めての人に会うときや面接試験の時にも使われます。前向きな姿勢をとりましょう。これが人に良い印象を与える一番良い方法です。

21. Rome wasn’t built in a day.(ローマは一日にして成らず)

21. Rome wasn’t built in a day.(ローマは一日にして成らず)
ローマは偉大な都市です。しかしながら、完成するまでには何年もかかりました。建築作業をする人たちは急いで完成させようとはしませんでした。何か素晴らしいもの、そして長く残るものを創造したいのなら一日以上は費やさなくてはならないでしょう。よい仕事をするためには数日、数週間、数か月かかることもあるでしょう。あなたも同じように時間をかけてきちんとやりましょう。

22. It’s better to be safe than sorry.(転ばぬ先の杖)

悪いことが起こらないように可能なことはすべでしましょう。シートベルトを締めたりドアのロックを確かめたりするには少しの時間しかかかりません。いとつの不注意が一生続くような悪い結果をもたらすことがあります。後悔しないよう何事も用心するのが一番です。

23. Don’t bite the hand that feeds you.(食べ物を与えてくれる手を噛んではいけない)

このことわざは、必要なものを与えてくれたり親切にしてくれたりする人に卑劣な行為をする人に対する警告です。食べ物をくれる人に噛みつくようなことがあったら、その人は二度と食べ物を与えてくれないでしょう。そうなったらどうしますか?だからお世話をしてくれる人には親切にして感謝すべきなのです。

24. The squeaky wheel gets the grease.(キーキー音を立てる車輪は油を差してもらえる)

問題を抱えていても、誰にも話さなければ誰も助けてくれません。でも誰かに話せば物事はきっとよくなるでしょう。このことわざは不平不満がたくさんある人のことを言っています。なぜなら騒げば注目を集められるからです。たとえば、兄弟姉妹の中でもいっぱい泣いたりする子の方が母親の注意を引けるということです。

25. Don’t bite off more than you can chew.

大きすぎる食べ物に噛みついたとします。嚙みこなすことはできず、さらにのどに詰まるかもしれません。自分が扱える以上の仕事や責任についても同じです。つらい時を迎えることになります。ですから多すぎることには首を突っ込まないようにするのが一番です。集中してうまく成し遂げることなんかできませんから。

26. You made your bed, now you have to lie in it.(自分でベッドメイクはした、そこで寝なくてはならない)

26. You made your bed, now you have to lie in it.(自分でベッドメイクはした、そこで寝なくてはならない)

ひどく汚いベッドで寝るのが好きな人はいません。シーツや毛布がぐしゃぐしゃになって向きも違ったりしたままのベッドに寝るのを誰かに代わってもらうわけにはいきません。このことわざは、ベッドメイクをたとえに使って自分が引き起こしてしまった悪い状況のことを言い表しています。自分のしたことは誰かと交換することはできないのよい選択をしましょう。

27. Actions speak louder than words.(行動は言葉より大声で話す)

行動は人の性格をあらわす、とかつてギリシャの哲学者プラトンが言いました。人はその人の言葉で定義されるのではない。なぜなら多くの人が自分の嫌なところについては話さないからだ。人はその人がやったことで判断されるのです。言うことより行うことが重要なのです。

28. It takes two to tango.(タンゴには二人必要)

このことわざは、けんかで実際は両方に責任があるのに相手ばかりを責めている人のことを表す時によく使われます。一人でタンゴは踊れません。ある状況のもとでは二人ともに責任があります。一人だけを責めることはできません。

29. Don’t count your chickens before they hatch.(捕らぬ狸の皮算用)

このことわざは思い通りになると期待しすぎている状態のことを言っています。五つの卵を持っていれば五匹のひなが孵るわけではありません。見込みに基づいて計画を立てるのはよくありません。夢を創り上げる前にいろいろなことが実現するのを待ちましょう。何事も思った通りになるとは限りません。

30. It’s no use crying over spilt milk.(覆水盆に返らず)

牛乳は簡単に手に入ります。牛乳をこぼせば面倒なことになることがありますが、たいしたことではないのですから泣き叫んだりすべきではありません。叫んでも問題は解決しません。このことわざは小さな問題には冷静に対処するように忠告しています。変えることのできない小さなことに悩んで時間を無駄にしてはいけません。

31. Don’t put all your eggs in one basket.(一つの籠に卵の全部を入れるな)

31. Don’t put all your eggs in one basket.(一つの籠に卵の全部を入れるな)

自分の所有物を全部一つのバッグにいれておいたり、全てのお金を一つの場所に入れておいたりすると危険なので気を付けましょう。大切なものは散らばらせておくのが賢明です。そうしておけば一つの籠が壊れるようなことがあってもすべてを失うことはありません。

32. People in glass house shouldn’t throw stones.(ガラスの家に住んでいる人は石を投げつけるべきではない)

“People in glass house”は自分のした失敗に傷つきやすい人を意味しています。このような人は他の人を攻撃しない方がいいでしょう。なぜなら相手の人がやり返してくることになることが多いからです。そして壊れやすいガラスのように自尊心も粉々になってしまうかもしれません。

33. A rolling stone gathers no moss.(転がる石には苔は生えない)

長い間同じ場所にある石にだけ苔は生えます。動いている石には生えません。同じことが人に関しても言えます。一つのところに長い間いると生涯にわたる友達、家族、感情の対象となるもの、そしてその土地での評判が育ちます。常に自分の居場所を変えていては育つことはありません。

34. First things first.(大事なことは先に)

このことわざは正しい順序で物事をするように忠告しています。簡単で楽しいことを先にやって難しいことやあまり楽しくないことを先延ばしにしてはいけません。たとえば、試験があってそのために勉強しなくてはならない同じ夜に友達がパーティーをやっていたとします。先に試験に備えて勉強しましょう。パーティーは楽しいですが試験の方が大切です。

35. Still waters run deep.(静かな水面の下は深い)

35. Still waters run deep.(静かな水面の下は深い)

“still waters run deep”とは静かで穏やかな人のたとえです。このような人はたいてい興味深い個性を持っています。たとえあまりしゃべらなくてもとても思慮深いのです。このことわざは人を描写するのに水を使っています。波が高く流れが速いとき、その場所は川のように浅くて岩が水面近くにあることを意味しています。しかし、穏やかでじっとしている水面の下は湖のようにとても深いことがよくあります。

36. If it ain’t broke, don’t fix it.(壊れていなければ直すな)

このフレーズは、うまくいっているやり方を変えたり、改善したりしようとしているときに使われます。うまくいっているものをどうして変えてしまうのでしょうか。このことわざは”leave well enough alone.”(放っておけばそのままでうまくいく)ともよく似ています。
注:ain’tは正しい英語ではありません。正式にはisn’tかis notです。この言い方は合衆国南部や農業地域でよく使われています。

37. Curiosity killed the cat.(好奇心のせいで猫は死んでしまう)

このことわざは質問をし過ぎる人を止めるためによく使われます。好奇心は時に危険な状況を招くことがあります。猫はもともと好奇心が強いのですが、木の上から降りられなくなったり壁と壁の間に挟まったりと、やっかいことを引き起こすことがよくあります。。

38. Learn to walk before you run.(走る前に歩くことを覚えなさい)

単純なことから複雑なことへと正しい順を踏んで物事に当たりましょう。たとえば、英語を習い始めてすぐに難しい英語の小説を読もうとしてはいけません。ひとっ跳びに前へ行こうとするとたいていは失敗します。まるで歩けるようになる前に走ろうとする子供のように。やがてはすべてできるようになるでしょうが、それまでは忍耐が必要です。適切な過程を踏みましょう。

39. Money doesn’t grow on trees.(木にお金はならない)

果物や葉っぱのように木に育つものは豊富に生じると考えられています。なぜならなくなってもまた育つからです。リンゴを一つ木からとって食べてしまってもまた他のリンゴが育つでしょう。でもお金は一生懸命働かなくては稼げません。使ってしまったら「生えかわって」はくれません。お金は一度使ってしまったら消えてしまします。このことわざは馬鹿げた買い物をしてお金を浪費する人に対してよく使われます。

40. My hands are tied.(手が縛られている)

40. My hands are tied.(手が縛られている)

このフレーズはその言葉どおりに理解してはいけません。したいことができないときに使うことわざです。たとえば、みんなが誰かの誕生日のお祝いをしたいと思っているのに、あなたはある事務所を管理する立場にいます。その時上司にそれは規則に反するといわれ、それを同僚たちに”Sorry, my hands are tied.”と言って気持ちを表現することができます。つまり誕生日のお祝いをみんなとしたくてもできないという気持ちです。

41. It’s the tip of the iceberg.(氷山の一角)

氷山のほんのわずかな部分しか海面上には見えません。ほとんどは下にあります。問題を理解し始めたばかりの状況を言い表すためにこのことわざは氷山を使っています。実際、見えている少しの兆候ははるかに大きな問題の一部にすぎないということです。。

42. No news is good news.(悪い知らせがないのはよい知らせ)

ある状況についての情報がまったくないことは悪いことは何も起きていないことを示しています。このフレーズは、戦争に行ってしまった父親や息子についての知らせを緊張して待っている家族に使われます。知らせがあるということは愛する人が亡くなったり、捕虜にされたり負傷したという意味になります。何が起こっているのか何も知らないでいることはつらいことですが、悪い知らせを聞くよりはずっとましです。

43. Out of sight, out of mind.(見えなければ忘れてしまう)

何かを毎日見ていると見ていないときでもそのことを考えるようになります。このことわざは、近くにないものは忘れしまうという習慣のことを言っています。たとえば、ポテトチップやジャンクフードを食べるのをやめたいと思っているならば、テーブルの上には置かないで食器棚に隠せばいいのです。見なければ食べたくなりません。

44. If you scratch my back, I’ll scratch yours.(僕の背中を掻いてくれたら君の背中を掻いてあげるよ)

このことわざはただ単にあなたが私を助けてくれたら私もあなたを助けます、という意味です。両者にとって利益になることなら、誰かの頼みごとを聞いてあげたら相手はお返しに何かをしてくれます。

45. Ignorance is bliss.(無知は無上の喜び)

45. Ignorance is bliss.(無知は無上の喜び)
“ignorance”とは何かについて知らないとか気づいていないことです。また”bliss”とは純粋な喜びや幸福感のことです。ときとして知らない方が幸せで快適なことがあります。たとえば、2000年から2012年の間に世界で2300.000㎢の森林(ミシシッピ川より東側のすべての州の合計面積)が伐採されたという事実を聞くと、地球環境はいったいどうなってしまうのだろう、と悲しくて絶望的な気持ちになってしまいます。でも、その事実を知らなければそうはなることはないのです。

46. Easy come, easy go.(簡単にやってきたものは簡単に去っていく)

お金、名声、愛情やほかのどんなことでも簡単に手に入れたものは同じように簡単にあっという間に失ってしまうものです。あなたにも起こり得ることです。理由は一生懸命働く気にもうならないからです。

47. The forbidden fruit is always the sweetest.(禁断の果実はいつも最高においしい)

“Forbidden”とは許されないことの意味です。ですからこのフレーズは、許されていないことはしばしば一番望んでいること(”sweetest”)だという意味です。たとえば、親にジュースを飲ませてもらえない子供がいたとします。友達の家へ行くと友達の親がジュースを飲みたいかを聞いてくれば、もちろん答えはイエスです。もちろんジュースは本当においしいと思うでしょう。なぜならそれは家では禁止されているからなのです。

48. Every cloud has a silver lining.(すべての雲の裏側は陽の光で輝いている)

48. Every cloud has a silver lining.(すべての雲の裏側は陽の光で輝いている)

物事がうまくいかないとか悲しいとき人はこのことわざを口にします。cloudは悪い状況を象徴しています。すべての悪い状況にはいい部分もあります。それを見つけなくてはならないのです。人の気持ちを和らげ、物事を続けられるようになる手助けをこのことわざはしてくれています。映画”Silver Linings Playbook”の題名もこれに由来しています。

49. You can’t make an omelet without breaking a few eggs.(オムレツを作るには卵をいくつか割らなくてはならない)

物事を成し遂げるためには時には厚かましくなったり、規則を破らなくてはならない時があります。人を攻撃しなければならないこともあるでしょう。オムレツはおいしい料理で頑張って作る価値はあります。もちろん卵をいくつか割らなくてはなりません。価値のある企画や変革を成し遂げたいと思ったなら、すべての人の気分をよくしておくことは難しいです。気分を害される人や傷つく人もいるかもしれません。その犠牲の価値があるかどうかを決めなければならないのです。

50. Close but no cigar.(もう少しだったけど葉巻はもらえない)

昔はゴルフ場では大会の賞として葉巻を与えていました。”close but no cigar”とはもう少しで勝ちそうだったが葉巻はもらえないという意味です。ことわざとしての意味は、どんなに全力を尽くして物事を正しく成し遂げたと思っても完璧なわけではない、ということです。


おすすめ記事

英語学習ってこんなに楽しくていいの…?海外ドラマで英語学習しよう!

» 英語勉強にオススメな『海外ドラマ』20選【リスニング学習用】