使ってはいけない英語表現5選【あなたはネイティブに笑われます】



使ってはいけない英語表現5選【あなたはネイティブに笑われます】

残念ながら日本の学校で習う英語は不自然なフレーズが多いです。
つまり、実際の会話ではほとんど使われない表現なんです。

ためしにアメリカのドラマや映画の英語をよく聞いてみてください。日本の教科書に出ている表現はまず使われていないことがわかるかと思います。

そこで今回は、学校で習った英語表現が使われない理由とともに、より適した表現をご紹介していきます。

【おすすめアプリ】無料で英会話レッスンを受けることができます!

導入企業1,000社以上!No.1のオンライン英会話サービスなら、レアジョブ

» こちらのリンクからアプリをダウンロードしてください


使ってはいけない英語その1:Hello. How are you?(こんにちは、元気ですか?)

使ってはいけない英語その1 Hello. How are you こんにちは、元気ですか
これは毎日、授業の初めに学生が先生に聞くような素朴な質問です。英語教師なら誰でも何度となくこの質問をされています。つまり、ESL(英語が母国語ではない人たち)があまりにもこの表現を使いすぎている。

誰もが知っている使い古された表現なので、ロボットが話しているようにしか聞こえません。

これを変えるのは難しいことではありません。質問文を少し長くすれば良いだけです。質問文が長いほど、この人は答えを本当に聞きたいのだなと相手は受け止めます。

具体的には、次のような表現があります
・How are you doing today?(今日の調子はどうだい?)
・How are you doing this 〇〇(morning/eveningなど)?(〇〇(今朝)の調子はどうだい?)

簡単ですね。実は、“Hello”という単語から始めてしまうと、表現に不自然さがありロボットっぽくなっちゃうので、友達同士であればHello の代わりに“Hey”、“Hi”または“Hey there”のほうがいいです。

全然違う言い方をする人も結構います。例えば
・Hey, how’s it going?(やあ、調子はどう?)
・Hi, how are you doing?(やあ、元気?)

など。“Hello, how are you?”は英語を勉強し始めた学生が一番初めに学ぶものですが、別の言い方で置き換えたほうがベター。

使ってはいけない英語その2:I’m fine. (And you?)(元気です、あなたは?)

使ってはいけない英語その2 I’m fine.  And you 元気です、あなたは
調子はどうだいと聞かれて”I’m fine”と答えるのは、一番良くない答えです。そんなことを言っている人は見たことがないです。

では、その代わりとしてどう答えたらよいでしょうか。

例えば、何か最近あった出来事について話してみる。もし彼女と別れたばかりならここでそれを伝えたり、新しい車を買ったならちょっと自慢してみてみるとか。

もっと具体的には下記のとおり
・I’m doing pretty good!(とてもいいよ!)
・Not great.(あまり良くないね。)

さらに、誰かに”How are you?”と聞かれた場合は、最近の出来事を話してみましょう。
例えば、「きのうは娘の誕生日でこんなお祝いをした」とか会話を楽しくさせるように工夫をするなどです。どう答えるかは、相手によって変わるもの。フォーマルな答え方をすべきかどうかも含めて、どんな答えがふさわしいか考えておきましょう。

そして、必ずお返しに”How about you?(あなたは?)”と聞きましょう。これは会話の礼儀です。

使ってはいけない英語その3:How old are you?(何歳ですか?)

使ってはいけない英語その3 How old are you 何歳ですか
会話で年齢に触れる場合には気をつけましょう。世界の文化は様々ですが、年齢を尋ねることが失礼にあたる国もあります。ただどうしても年齢を聞かなければならないときには、

・How old were you moved to Japan?(何歳の時に日本に来たの?)
・How old were you started this job?(何歳からここで働いてるの?)

など、間接的に聞くようにしましょう。ちょっとめんどくさいかもしれないですが、文化は文化。もちろん、自然にその話題になるまで待つのも良い方法です。年齢を直接聞くより、出てくるのを待つほうが早い時もあります。必要がないときは年齢について聞くのは避けて、他のことについて話すほうがいいと思います。

使ってはいけない英語その4:Are you from ?(あなたは〇〇出身ですか?)

使ってはいけない英語その4 Are you from あなたは〇〇出身ですか
これは会話の中で非常によく出てくる質問です。文法的には間違っていませんが、この表現の本当の意味は

「あなたは__出身だと思いますが、そうですか?」

とニュアンスになります。相手が誰であろうと絶対にこの表現を使ってはいけません。聞かれた人はちょっと侮辱されたような気分になります。出身地が正しくても、その人は気分を害されることがあるからです。

他人の国籍に関する話題は繊細なものですが、気をつけて扱う限り、普通は大きな問題にはなることはありません。とはいえ、どうしてもというときには相手を配慮してうまく会話を昔の話にもっていくしかないですね。

使ってはいけない英語その5:Did you eat lunch?(昼食を食べましたか?)

使ってはいけない英語その5 Did you eat lunch 昼食を食べましたか
もちろん昼食にかぎらず夕食でもおやつでもなんでもです。一見すると問題のない表現ですが、この質問の後がやっかいです。

あなた「Did you eat lunch?(夕食を食べましたか?)」
相手「No, Not yet.(いいえ、まだです。)」
あなた「Why don’t you go with me?(では、一緒に食べに行きませんか?)」

「夕食を食べましたか」と聞いて相手が「はい」と答えたら、誘う理由はなくなります。しかし、相手が「いいえ」と答えたら、食事に(強制的に)誘わなければならなくなります。誘うつもりがないのに食事をしたかどうか聞くことは、失礼なことだと英語では考えられています。

なので、もし食事に誘うつもりがないなら(ただ食事をしたか、していないかを知りたいだけの時は)下記の表現を使いましょう。
・What did you eat for dinner?(夕食は何を食べたの?)

もし、食べていないと言われたら、下記のようにうまく誘いましょう。
・Ok, Why don’t you get some sushi with me?(そしたら寿司でも食べに行こうぜ!)

特に誘うつもりがないときは、下記のように提案文をいれてみましょう。
・Oh,you shold go to Sushi shop over there!(そうなんだ、そこに寿司屋があるから行ったらどうだい?)

もう食べたと言われたら、感想を聞くだけです。
・Ok. How was it?(味はどうだった?)

以上が、「学校で習うけど使ってはいけない5つの英語表現」です。

覚え直すのにそんなに時間はかからないでしょう。これを自然と使えたらネイティブスピーカーのの前で恥をかかないでしょう。


おすすめ記事

英語学習ってこんなに楽しくていいの…?海外ドラマで英語学習しよう!

» 英語勉強にオススメな『海外ドラマ』20選【リスニング学習用】