【英語のドラマや映画で英語学習したいあなたへ】まずは英語耳を試すべき



オススメ 【体験談】オンライン英会話の無料体験を8社受けました。選び方とは

オススメ 英語の基礎学習にオススメなアプリ30選【iPhone・Android】

 

スポンサードサーチ


英語耳 発音ができるとリスニングができる

◆繰り返し発音する、繰り返し聴く、これが“英語耳”を鍛える
本書は最初に“英語耳”の基本である発音の重要性についてご紹介し、“英語耳”を鍛える訓練方法を解説します。その訓練方法は、まず付属の音楽CDとともに取り組む基本的な発音の反復練習。発音にある程度慣れたら、次は英語のメロディーを学びます。好みの歌や会話を繰り返し聴くことで、英語の音を英語のみで理解しているネイティブスピーカーと同じ状態を脳の中に作り、リスニング力アップを図ります。また発音(リスニング)力の向上に合わせて、語彙や読解力をつける英語の読書についてご紹介いたします。
中学1年生以上の英語力と英語力をアップさせたいというやる気をお持ちの方、ぜひ本書をご覧いただき、挑戦してみてください。映画(英語)を楽々と見れる日もそう遠くありません!

難易度:TOEIC600点以上〜700点未満の人向け

英語耳の良い点

英語学習で何から先に手を付けるかは意見の別れるところですが、個人的には最初はリスニングに力を入れるべきだと思います。
普通に学校に通っていれば、中学高校の6年間で最低限の文法知識は身につくので、リーディングに関しては日本人のレベルは高いです。
問題は、日常生活で鍛える機会の少ないリスニングとライティングの能力ですが、これは、利用範囲の広いリスニングを重視スべきと考えます。
例えば、英語のドラマや映画、ニュースなどを吹き替えでなく、そのまま楽しめたら嬉しい人は多いと思います。
そういった需要に答えた参考書が『英語耳』です。
 

英語耳の悪い点

正直な所、英語耳一冊だけで、リスニングが完璧になるかというとそんなことはありませんので、過度な期待は禁物です。
ただし、日本人が作った英語学習の本なので、日本人がつまづきやすい点に重点をおいて解説されており、その点では類似の書籍の中でも役に立つ本であることは間違いありません。
ですから、英語を聞き取るための能力を高めるための取っ掛かりとして利用するべき本だと考えます。
特にスタートダッシュに成功すると、ある程度聞き取れるというレベルにすぐ到達できるため、その後の学習意欲が続きやすいと言えます。
 

英語耳を使っての勉強方法

ひたすら実践あるのみです。
文法知識などと違い、リスニングの能力向上は、スポーツなどと同じように考えて取り組む必要があります。
例えば、野球でいくらバッティング理論の本を読んでも上達しないように、地道な素振りの反復練習が必要です。
これと同じように、英語耳を手に入れるためには、ひたすら英語特有の音を聞き取る練習が必要です。
ただし、むちゃくちゃなフォームで素振りを繰り返しても意味が無いのと同様に、勘所をおさえたトレーニングが必要なので、その肝の部分を本から学び取ります。
 

photo credit: jasonstaten via photopin cc

オススメ 【体験談】オンライン英会話の無料体験を8社受けました。選び方とは

オススメ 英語の基礎学習にオススメなアプリ30選【iPhone・Android】

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です