伸びる人は知っている。英語を学ぶ時にやってはいけない15の事



【おすすめアプリ】無料で英会話レッスンを受けることができます!

導入企業1,000社以上!No.1のオンライン英会話サービスなら、レアジョブ

» こちらのリンクからアプリをダウンロードしてください


stop
引用元:GAHAG
外国語の習得っていうのは実にハードなものですね。それなのに、さらに、わざわざ自分で高い壁を築いて上達を妨げてしまう方が多いものです。「こんなに頑張って学習しているのに、どうして上達しないんだろう?」と悩んでいる方に必見です。

楽しみながらスイスイ上達できる、そんな魔法のような技をご紹介しましょう。

スポンサードサーチ


1.訳そうとしちゃダメ!

dic
引用元:GAHAG
「訳す」というのは英語学習のごく初期の段階のみに留めるべきです。基本的な語彙を習得したら、なんでもかんでも訳そうとしないことです。日本語に訳すという行動が、上達を遅らせてしまうのです。

リスニングをするときは、聞き取れた(知っている)単語に意識を集中し、そこから何を言わんとしているのかを導き出すようにします。

2.間違い恐れちゃダメ!

間違えを恐れることは、英語の上達を大きく妨げてしまいます。(文法を気にして話せなくなってしまうなんてもったいないです。そして、「他の人にどう思われるかな?」なんて思っちゃダメですよ。誰でも間違えるものです。人は間違えから学ぶものです。そう思えれば、上達の兆しが見えてきます。

3.自己否定しちゃダメ!

drop
引用元:GATAG
否定的な考えや態度は状況をどんどん悪くするだけで、いいことは何ひとつありません。

「なんで、いつも間違えてしまうんだろう、なんてバカな私なんだろう。」
「私って間違えてばっかり、絶対に上達しないわ」
「なんて言っていいかわかんない、英語って難しすぎ。」

こういうネガティブな思いをポジティブに変えましょう!「全然ダメだった。」って言う代わりに、「今はダメだけど、ちょっとずつ上達しているのは確かだわ。」と言葉に発してみることから始めましょう。

もう一例。

「すみません、私は英語が話せませんから、おっしゃっていることが分かりません。」と言う代わりに、「すみません、私は英語を学んでいるところなので、もう少しゆっくり話してもらえますか?と言うようにしてみてくださいね。

ポジティブになることが上達の近道です。(Positivity helps you to learn much quicker!)

4.神経質になっちゃダメ!

機会を逃さず、積極的に英語で話すようにしましょう。いつもの自分はちょっと脇においといて、さぁ、勇気を出して話してみましょう!

たくさん話せば話すほど、自信がつき、リラックスしたいい状態で話すことができます。そして、そういう姿勢が英語でコミュニケーションできるようになる近道となります。

5.自分の英語が伝わらないのは自分のせいだと思わないこと!

drop2
引用元:GATAG
どんなに努力しても伝えようとしても、ときには伝わらないことがあります。そういうことはよくあることです。

世界中には英語を話す人がたくさんいます、そして、多種多様なアクセントがあります、その中には日本人にとっては理解しにくいものもあるでしょう。

母国語である日本語のアクセントを完全にとり除くことは不可能に近いです。だから、自分にあまり厳しくしすぎないようにしましょう!

6.謝ってばかりはダメ!

完璧な人はいません。つまり英語がパーフェクトに話せないからと言って謝る必要はありません。みなさんは、いま学んでいる最中ですから、なおのことです。どんなことでも習得するには時間がかかるものです。

大切なことはあなたが英語を学習している姿勢です。ほとんどの人がそういうあなたの姿に理解を示しています。称賛されることもあるぐらいです。だから、もっと肩の力を抜いて、深呼吸しましょう。そして、気をとりなして、話してみましょう。

7.授業のときだけ英語モードじゃダメ!

iphone
引用元:ShareAmerica

授業は最高の環境です。教師から学び、分からないときは質問もできます。クラスメイトと意見交換もできます。でも、教室内だけの英語で終わらせてはいけません。日常の中にもっと英語を取り入れていただきたいのです。そうすれば、いざというときに英語で情報交換できるようになるのです。

教室の外で英語を話す練習をしないで英語が伸びるわけがありません。ぜひ英語を日常の中に取り入れましょう。

8.あきらめちゃダメ!

なにがあっても、あきらめちゃいけません!
どんなことでも習い始めは難しく感じるものですが、学び続けることで、易しく感じられるものです。

英語がうまくなりたいなら、練習し続けなければなりません、練習なしで上達することはあり得ません。プロスポーツ選手はトレーニングを欠かしません。そうしないと、技術が錆びついてしまうからです。

9.心配しすぎちゃダメ!

conv
引用元:GATAG
伝わらないのではないかとクヨクヨ考えすぎて、せっかくの英語を話す機会を無駄にするのはやめましょう!自信を持ちましょう。「自分はできる!」というポジティブな姿勢を持つことが大切です。

もじもじしないことです。英語の学習を楽しみましょう。自分が楽しむことで、英語が好きになり、実力もついていくものです。

10.人と比べちゃダメ!

現在のレベルに到達できたのは、自分の努力の結果です。ですから、自身が成し遂げたことを誇りに思っていいのです。一人ひとりみんな違います。習熟が早い方もいれば、学習時間が十分とれない方もいるでしょう。人と比べても何もなりません。

11.時代遅れの、効率が悪い学習方法じゃダメ!(おやめになった方がよろしいかと・・・。)

pc
引用元:Multimedia Solutions, Inc.
文法重視の翻訳、規則の暗記などは長い間スタンダードな学習方法でした。しかし伝統的なその学習方法が効果的ではないという現実を知っておくべきです。

長年英語を勉強して、ほとんどの文法規則と文構造を習得した学習者がコミュニケーション力や会話力がなくて苦しんでいます。前後関係を把握しながら内容を捉えられるようになるには、対話しかありません。

12.あまり一生懸命、1つのことに執心しちゃダメ!

とにかく英語が話せるようになりたいから英会話に力を入れたい気持ちは分かりますが、会話だけに集中して、リーディングやライティングを疎かにしすぎないでください。
流暢な会話の裏にはリーディングやライティングの勉強も必要なのです。

13. 学習時間を増やさなくちゃいけないと思っちゃダメ!

time
引用元:GATAG
教科書を何時間も読んだり、同じ規則を何度も繰り返したり、フラッシュカードを繰り返し、繰り返し学習しても、決して上達することはありません。

長くても30分というショートスタディがベストです。まだ学び足りないと感じたなら、休んだあとにもう一度、学習に戻るといいでしょう。休みなく長時間勉強しても頭には入らず、心身を疲れるだけです。そして、まだ時間に余裕があるなら学んだ英語を実践で使う努力をすべきです。

14. 学習が 仕事のように考えるのはダメ!

学習者は英語の勉強が嫌だとかつまらないとか思うことがあります。つまり英語の学習を『退屈な宿題』と『退屈なエクササイズ』と思ってしまうのですね。

英語を学ぶことが重要だと分かっていても、モチベーションが上がらないことがあります。「しなければならない」と考えるのではなく、「したいことをしている」と思えるようになることです。自分で工夫して、楽しみながら学習する努力をしてください。

たとえば、

道を歩きながら、目に入るものをシンプルな英語にしてみるのはいかがですか?
毎日、新しい単語を学んで、会話で使おうとしてみるのはいかがですか?

インターネットでおもしろい動画を見つけたら、そのことについて誰かに話してみようとするのはいかがですか?

あなたの大好きなバンド(またはあなたに興味を起こさせる何か他のもの)に関する記事を読んでみたり、フォーラムでいろんな人情報交換してみたりしてください。

こうしていくうちに、退屈なクラスのことや、難しい文法規則ややっかいな宿題について考なくなるでしょう。その代わりに、おもしろい英語のテレビ番組や、大好きなバンやおもしろい会話について考えるようになるでしょう。もちろん英語でね!

15. 文化を無視しちゃダメ!

cul
引用元:GATAG

言語は、文化と密接な関係があります。ジェスチャーも違えば、イントネーションも、スラングも違います。特定の地域の英語を学びたいなら、その地域の人から学ぶことが一番です。

以上となります。
やる気が出てきましたか?


おすすめ記事

英語学習ってこんなに楽しくていいの…?海外ドラマで英語学習しよう!

» 英語勉強にオススメな『海外ドラマ』20選【リスニング学習用】