【現代の英語を学ぼう!】外国人と効果的に意思疎通するコツとは?



【おすすめアプリ】無料で英会話レッスンを受けることができます!

導入企業1,000社以上!No.1のオンライン英会話サービスなら、レアジョブ

» こちらのリンクからアプリをダウンロードしてください


【現代の英語を学ぼう!】外国人と効果的に意思疎通するコツとは?
I Ubered to work today.
これの意味、わかりますか?

「今日はウーバー(タクシー)で仕事に行った。」という意味です。
アメリカの「ウーバー」をご存知の方は分かったかと思います。

現代の英語を学ぶには、世の中をトレンドを知ることが必要です。なぜなら、英語圏では、トレンドの言葉がそのまま英語になったりするためです。

というわけで、今回は現代の英語を学ぶ方法をまとめていきます。

スポンサードサーチ


現代の英語を学べるWebサイト3選

現代の英語を学べるWebサイト3選
これまで辞書で英単語を探したけれども、見つからなかった経験はありませんか?

辞書がほとんどの単語を含む一方で、現代の英語の英単語やスラングは含んでいないことが多いです。新しいだけでなく、正しい話し方ではないからです。しかし、そういった英単語やスラングはとても良く使われています。日本語で言う若者の言葉のようなものです。

現代の英語を学ぶのに役に立つWebサイトには以下のようなものがあります。

1. Urban Dictionary.

Urban Dictionary, November 22: plump girls
“swipe left”もしくは “hella” は辞書を引いても意味がわからないでしょう? Urban Dictionary で引いてみてください。Urban Dictionaryは、スラングの意味が載っている辞書です。(※攻撃的な言葉や表現には気を付けてください。)

いくつかの単語には意味がたくさんあったり、同義語(意味が良く似た言葉)や用例が含まれています。さらに、よく使われる“Lol” (声を立てて笑う) もしくは “Btw” (ところで)のような省略語も載っています。尚、省略語については、また後ほど触れていきます。

2. On the Tip of My Tongue.

On the Tip of My Tongue
様々なスラングの表現を学べるカナダのウェブサイトです。

3. BBC’s “The English We Speak” podcast series.

BBC Radio – The English We Speak – Downloads
このポッドキャストでは、英語が実際にどのように話されるのかを学べます。イディオムやスラングまたポップカルチャーも含まれています。

どれにも載っていなかった場合は、グーグルを使って検索してみましょう。分からない単語やフレーズを入力します。「意味」を最後に加えます。例えば、「Btw 意味」というように。

流行から『現代の英語』を学ぶ6つの方法

流行から『現代の英語』を学ぶ6つの方法

1. 人気のテレビ番組や映画を見てみる

家族や友達と話している時、大好きなテレビショーの話で20分はあっという間に経ちます。あたかも登場人物が友達であるかのように話します。「サーシャとベンが結婚するなんて信じられる?」もしくは「先週の日曜日、フィルに起こった事を見た?」などというように。

多くのアメリカ人は、最近のテレビショーもしくは映画について、長い間興奮して話します。会話に加わりたければ、ひとつもしくはふたつの人気のあるテレビショーを見てください。これらのウェブサイトの「人気」の部分、もしくはホームページで見られるはずです。

Netflix (ネットフリックス) – 大好きな映画やドラマを楽しもう!
Hulu – 人気映画・ドラマ・アニメが見放題

2. 人気な洋楽を聞いてみる

最新洋楽を聞いて音楽のポップカルチャーを把握しましょう。
その際にはぜひ、Billboard 100をチェックしてみてください。たくさんのリスナーが購入した新曲を探せる有名なサイトです。

3. 人気アプリをダウンロードしてみる

たまに、人気のあるアプリがまるでひとつの英単語のように言葉として出てきます。冒頭では“to Uber”が「タクシーを使う」という意味である例を示しました。しかし、会話で使われるアプリはまだ他にもあります。

いくつか他の例を挙げます。

“You can Venmo me for the coffee.”の意味は、「コーヒー代を払ってよ」(Venmoは、友達にお金を払うという意味)です。

“We’re out of milk. Do you want me to Instacart some?”の意味は、「牛乳が無くなった。牛乳を買ってこようか?」(Instacartは、相手に物事をさせるという意味)です。

もっと人気のあるアプリを学びたい時は、Digital Trends をチェックしてみてください。

4. 英語の短いブログを読んでみる

雑誌や新聞の著者ではなく、短いブログを書く人は話し言葉を書きます。下記におすすめなブログをまとめました。

・ファッション:The Small Things Blog
・フィットネス:Fitbit (イギリス英語)
・食べ物:smitten kitchen
・育児: People I Want to Punch in the Throat

新しいブログを見つけるには、 Weblog Awards を見ることおすすめします。
ブロガーがどのように書いているのかに注意を払ってください。分からない単語やフレーズを書き留めてください。どんな単語を使われているのか?どんな単語は使われていないのか?文法は違っていますか?どんなポップカルチャーを取り上げているか、などです。

5. 英会話からトレンドを聞き取る

話し言葉は書き言葉とは違うのをすでに知っているでしょう。例えば、“going to,”は“gonna.”と略して言います。最近、若者は省略した言葉を使っています。つまり、“totally,”と言う代わりに“tots”と言います。(発音は“totes”)

ブログの話に戻りますが、日記のようにカジュアルなものを読むことは、新しい話し方を学べます。Urban Dictionary は、それらの例をいくつか挙げています。でも、音楽を聞いたり、テレビを見たり、ブログや雑誌を読んで学ぶのが最も良い方法です。

6. 省略語を学んでみる

6. 省略語を学んでみる
省略語は、物事を縮める言い方のことです。英語でコミュニケーションをとる時に、よく使われます。

ほとんどの人気の省略語は、文章やインターネット上のメッセージにおいてのみ使われていました。しかし、今では、日常会話の中で使うことがあります。省略語の文を学ぶ時、何を略したのか、どのように発音するのかの両方を学ばなければなりません。

大文字で表すのかそうではないのか見ましょう。例えば、“lol”もしくは “LOL,”なのか見ますが、両方とも同じ意味です。

以下に、いくつかの例をまとめます。

J/k or Jk (Just kidding)(単なる冗談)
冗談を言っていると説明したい時に使います。

Lol (Laughing out loud)(声に出して笑う)
笑っているもしくは面白い事を差します。もし面白くてたまらないときは、 “lmao.”と書きます。たいてい、文章では“lmao”を見ますが、“lol”は会話の中で聞くことができます。たいてい、これらのよく使われる省略語を話す時は、“L…O…L”というように各々のアルファベットを言います。

Btw (By the way)ところで
情報を付け加えたい時に使います。

Sry (Sorry)ごめんなさい
実際に“sry.”とは言いません。しかし、ごめんねの代わりに“sry”と書くことがあります。

Atm (At the moment)今すぐ(当座)
当座もしくは今すぐという意味です。

Wtf (What the f***?)何だって?
何かに驚いた(嬉しい事ではない)ときに使います。もしくは、異様なもしくは困惑するような何かを言う時に使います。

Nvm (Nevermind)気にしないで
会話を続けたくない時に使います。ほとんどの場合、書いて使います。

Omg (Oh my god)何てことだ
驚いたときに使います。良い事にも悪い事にも使います。会話の中で聞くことができます。

Brb (Be right back)すぐ戻ります
すぐ戻ることを言いたい時に使います。

Idk (I don’t know)分かりません
シンプルですが、念のために例を挙げます。

まとめ:現代の英語を効率的に学ぶには

まとめ:現代の英語を効率的に学ぶには
夜の中のトレンドを知ることは、友達と英語でコミュニケーションをとる時に役に立ちます。より自然にネイティブと意思疎通できるようになるでしょう。

しかし、使い方は場面に合わせるようにしてください。
友達に手紙を書いたり、話しかけたりするときは、こういった英語をつかうことができます。しかし、職場や専門的な場においては、適切ではありません。専門的な場において、“totally”すべての代わりに“tots”のような省略語を決して使ってはいけません。仕事が終わった後に、使うようにしましょう。

以上となります!


おすすめ記事

英語学習ってこんなに楽しくていいの…?海外ドラマで英語学習しよう!

» 英語勉強にオススメな『海外ドラマ』20選【リスニング学習用】