【サクサク解ける!】『新TOEICテストの基礎英文法』で英文法徹底攻略



オススメ 【体験談】オンライン英会話の無料体験を8社受けました。選び方とは

オススメ 英語の基礎学習にオススメなアプリ30選【iPhone・Android】

英文法の参考書は分厚くて文法の仕組みについて書いてあるけれど、正直見てもどうやって問題に生かせるのかわからない…そう思っている方にお勧めの本。なんと7日間で主要な文法が整理されて、基礎的な文法問題は解けるようになるというのがポイント。1日目は「基礎レベルで120問」解くだけ。カッコで前置詞がぬけていたり、熟語の一部が抜けているのでそれを4択の中から選ぶ。特に熟語については、フレーズで覚えるのが重要なため、出てきたまましっかり頭に叩き込んでしまうといい。1ページだいたい6問~8問で右ページに回答と解説があるのでサクサク進むだろう。解けなかった問題はチェックを忘れずに。(284)

スポンサードサーチ


難易度:TOEIC500点以下の人でもOK

 

新TOEICテストの基礎英文法の良い点

ぼくは正直、文法を覚えるのがすごく苦手で一回覚えたと思ってもすっかり忘れてしまっていました。たとえば問題の中に「turn off」を回答とする問題がありますが、それを覚えても反対の意味や関連語はわからない。そこでこの本が役に立つんです。解説にはしっかり反意語と類義語が書かれています。「turn off」の意味は「(電灯など)を消す」。反意語は「turn on」。そして電気などを止めるときは「shut off」を使う、としっかり覚えやすいようになっています。1つの問題から3つの単語が芋づる式のように覚えられるといいですよね。また、ぼくが好きなポイントは6日目の「頻出アイテム30~よく出るビジネス系問題対策~」。例として取引先との電話での会話がカッコで抜かれていて、回答を選ぶ問題や、電話の目的、文章全体を読み解いて要点をつかむ設問も用意されています。よってリーディングセクションにも対応した練習になっているのでいい訓練になること間違いなし。
 

新TOEICテストの基礎英文法の悪い点

ひたすら文法を解いて覚えていくことが求められるので集中力は大切。1日目と2日目を同時の日にやってしまうと頭がパンクすることも。しっかり1日に詰め込める分量を見極めることが重要ですね。また同じような意味のものがページに飛び飛びで配置されているので、リンクでページ数が書いてあるのですが、そこにリンクするのが若干面倒なところ。
 

新TOEICテストの基礎英文法での英語学習方法

この『新TOEICテストの基礎英文法』はひたすら数を重ねることが大切。最初から解いていってわからないところはチェックをつけつつ復習する、これが大切です。特に1日目のセクションは2日目の最初にできなかった部分だけ復習すると定着しやすいですね。個人的には本当に時間がなかった場合は5日目の実践レベルの段階(やや難易度は高いが学習しておくといいカテゴリー)は飛ばしてもOK。もちろん全部やると力もつきますけどね。ひたすら最後までやったら、7日目の実力テストに挑みます。所要時間も決められているから、しっかり集中して本番さながらに解くといい緊張感の中でトレーニングできます。してはいけないのが、答えを覚えるということ。何番の答えは①というように覚えてしまうと本番に太刀打ちできなくなるので気を付けて。複数で学習するときは、ランダムで問題を出し合ってみるのもいいかも。

オススメ 【体験談】オンライン英会話の無料体験を8社受けました。選び方とは

オススメ 英語の基礎学習にオススメなアプリ30選【iPhone・Android】