【価値のある英単語学習】PowerWords 6000『レベル受験英語の一歩先へ!』



 

スポンサードサーチ


難易度:TOEIC600点以上〜700点未満の人向け

PowerWords 6000レベルの良い点

アルク社が厳選した「標準語彙水準SVL12000」を基にした英単語学習アプリです。TOEICもそこそこの点を取れるようになった、受験英語の範囲に囚われないような英語学習を始めたい方にオススメです。アプリには2000語の単語と質の高い用例が収録されており、聴く・覚える・ミニゲーム・単語一覧などの機能があり、アプリで手軽に単語暗記とチェックが可能です。ミニゲームは難易度を最高にするとデクテーションの訓練も可能な1つで2度美味しいアプリです。
 

PowerWords 6000レベルの悪い点

同社のキクタンアプリと比較すると「聞きっぱなしでも勉強できる」などの利便性が特にありません。起動している間はアプリを常に操作するような感じです。単語の選出基準や用例、用法の説明には文句はありませんが、アプリとして売り出しているのであれば、もっと利便性や暗記を助ける便利な機能があればよいのになとは思います。

開発者の方から以下のお知らせをいただきました。


 

PowerWords 6000レベルでの英語学習方法

地道にコツコツと聴く・覚えるを繰り返します。苦手な単語は自動でブラックリストに登録されます(手動でも登録可能です)ので、週に1度はブラックリストを振り返るなど、自分で習慣づけて復習するととても良いと思います。学習記録をアプリ内でグラフ化して確認することが可能なので、がんばって継続しましょう。また、ミニゲームを利用したデクテーションは1日1回こなしておくと、リスニング基礎力の維持・向上に繋がるでしょう。

photo credit: NASA Goddard Photo and Video via photopin cc


おすすめ記事

英語学習ってこんなに楽しくていいの…?海外ドラマで英語学習しよう!

» 英語勉強にオススメな『海外ドラマ』20選【リスニング学習用】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です