【異議あり!】英語で『何かを質問したいときのフレーズ』26選



もくじ

すいません、ちょっとよろしいですか?

だれかに何か質問をするときによく使いますよね?道を尋ねる時、授業でわからないことがあったとき、友人となにか議論しているとき…などなど。

こういった質問に使える英語フレーズは何度も使って暗記するのがベストです。そこで今回は、英語で『何かを質問したいときのフレーズ』26選でまとめました。

スポンサードサーチ


何かを質問したいときのフレーズ26選

caniask
引用元:GATAG
それではさっそく見ていきましょう。

Can I ask stupid questions?(ちょっとくだらないこと聞いていい?)

例文紹介
Can I ask stupid questions?(ちょっとくだらないこと聞いていい?)
Ok.(良いよ。)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
自分としてはどうしても気になっていて、誰もこんなこと質問しないだろうなと言う事を勇気を出して聞いてみたい時に使うフレーズです。周りは皆わかっているのに自分だけ状況がわかっていない時にも使われることが多いです。


Can I ask you something?(ちょっと聞いてもいいですか?)

例文紹介
Can I ask you something?(ちょっと聞いてもいいですか?)
Yes, what is it?(はい、なんでしょうか?)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
何か質問をしたいときに、いきなり質問で会話を始めるのではなく、質問をしてもいいかと聞くときに使えるフレーズです。例えば、お店で何か聞きたいときに仕事中の店員さんがいたときなど、一言声をかけて聞くのが良いでしょう。

フレーズ特有の曖昧なニュアンスの説明
他にも”Can”の部分を”May”や”Could”などにしても大丈夫です。また”something”の部分を、”question”にしても同じ意味になります。このフレーズでワンクッション置くと質問する側も落ち着いて聞けるのではないでしょうか。

I was wondering if〜(〜できるかなと思ったんですけど。)

例文紹介
I was wondering if I can return this shirt.(このシャツを返品できないかなと思ってたんですけど。)
Do you have a receipt?(レシートはありますか?)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
何か質問をしたいときに、ただ直接的に相手に質問するだけではなく、少し間接的にやんわりと、「こういうことができないかなと思ってたんですが」という感じに少し丁寧な印象を相手に与えることができるフレーズです。

フレーズ特有の曖昧なニュアンスの説明
“I wonder”だと「〜かしら」のようなニュアンスの意味になってしまうので、”I wonder if I can return this shirt.”だと、「このシャツ返品できるかしら。」というように質問というよりは、独り言のようになってしまうので注意が必要でしょう。

Is it okay to ask you a question?(一つ聞いてもいいですか?)

例文紹介
You might be busy right now, but is it okay to ask you a question?(忙しいかもしれないけど、一つ聞いてもいいかな?)
Yeah, what’s your question?(うん、何が知りたいの?)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
何かを質問したい時に、「質問をするタイミングとして適しているか」や「質問をすること自体問題がないか」を確認するためのフレーズです。相手が忙しそうであったり、質問をしても大丈夫かなと不安がある場合には、このフレーズを使って確認してみましょう。

フレーズ特有の曖昧なニュアンスの説明
「Is it okay?」と、「質問をしても大丈夫ですか?」という伺いを立てる様な、丁寧な印象を与えるフレーズです。少し聞きにくい質問であったり、もしかしたら相手は質問をされたくないのかも、と思う時には、一度このフレーズで一呼吸おいてから質問してみるといいでしょう。また、相手にとって質問されることに不都合がある場合には、あえてこの様に前置きのフレーズを置くことで、相手に覚悟を持たせる様なニュアンスもあります

Can I ask you a question?(質問してもいいですか?)

例文紹介
I’d like to know more about you. Can I ask you a question?(あなたのこともっと知りたいと思うんだけど、質問してもいい?)
Sure, what would you like to know about me?(もちろん、私の何を知りたいの?)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
相手に質問をしたい時に、「いきなり質問をすると驚かせてしまうかもしれない」、または「質問をしてもいい流れを作りたい」、という時にこのフレーズを使ってみましょう。「Is it okay to ask you a question?」よりも、もっと気軽に使えるフレーズです。

フレーズ特有の曖昧なニュアンスの説明
Is it okay to ask you a question ?と同類のフレーズと比べると、もう少し砕けたニュアンスがあります。友達や家族などの間で使うのに適しているでしょう。またもう少し丁寧な言い方にしたければ、「May I ask you a question?」と言い換えてもいいでしょう。

doyoumind
引用元:GATAG

Do you mind if I ask you a question?(質問をしてもよろしいでしょうか?)

例文紹介
Seems like you are in the middle of something, but do you mind if I ask you a question?(お忙しいと思うのですが、質問をしてもよろしいでしょうか?)
No, but can you give me a second?(いいですけど、少し待ってもらえますか?)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
質問をしたい相手に対して、相手の状況を気遣って、「質問に対して相手が同意してくれるかどうか」を伺う畏まったフレーズです。「質問することが申し訳ない」と思ったり、「お邪魔になっているのではないか」と感じる時や、目上の方に丁寧に質問をしたい時に使いましょう。

フレーズ特有の曖昧なニュアンスの説明
「Do you mind〜?」という聞き方は、自分に許可を与えてもらう質問ではなくて、あくまでも「相手が主体」になっています。また、直訳すると「〜したら嫌ですか?」となり、「質問したら嫌ですか?」ということを聞く様な丁寧なニュアンスがあります。また返事が「No.」は、嫌ですか?と聞いていることに対してなので、「嫌ではない」ということになりますので、答えにも注意して聞いてみましょう。

What do you mean by that?(それってどういうこと?)

例文紹介
I knew we are out of milk, but I forgot to buy it!(牛乳がないのはわかってたんだけど、買うの忘れちゃったよ。)
What do you mean by that?(それってどういうこと?)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
相手の言っていることが理解できない時や、それに同意ができないがために、「その説明を求める時」に使うフレーズです。カジュアルなフレーズなので、使う場面には気をつけましょう。「by that.」は「相手の言ったこと」とイコールになります。そのため、例文のような場合には、「知っていたのに忘れてしまった」ということになります。

フレーズ特有の曖昧なニュアンスの説明
本当に言っている意味がわからない場合はもちろんですが、相手の言っていること自体の言葉の意味はわかっていても使う場合があります。「何言ってるの?」というようなニュアンスがあるので、相手に「言っていることがおかしいんじゃないの?」という気持ちを伝えたい時にも使うといいでしょう。

Could you explain it to me?(それについて説明してもらえますか?)

例文紹介
If you don’t understand this math problem, let me know.(もしこの数学の問題がわからなければ、言ってください。)
Yes, could you explain it to me?(はい、それについて説明をしてもらえますか?)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
特定のものに対して、説明をしてほしい時や、具体的な話を聞きたいという時に使うフレーズです。もしそれが一度聞いた話であったとしても、「Could you explain it to me again?」と言えば、再度質問ができます。

フレーズ特有の曖昧なニュアンスの説明
「explain」は説明するという単語ですが、その物の機能や性能などを説明してもらいたい、という時以外にも、ものごとの「状況」を知りたい時などにも使えます。「話を整理したい時」や、「状況を詳しく把握したい」、という時にも使えるフレーズです。

I have a question.(質問があります)

例文紹介
Does anyone have any questions?(どなたか質問はありますか)
Yes, I have a question.(はい、質問があります)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
何かを聞きたいときに、シンプルに使える表現です。実際の質問の前置きとして使用することで、相手の心の準備時間を与えることもできます。相手が、質問があるか聞かない場合でも、Excuse meをプラスして、質問を切り出すときにも使用することができます。

フレーズ特有の曖昧なニュアンスの説明
授業や講演会などの場で、いきなり質問を相手に投げつけるのは、少々失礼ですが、こちらの前置きを使用すれば、周囲の人間に質問に注意を払う準備時間を与えることができ、実際の回答者もスムーズに質問を受け入れることができます。

I have a question.(質問があります。)

例文紹介
I have a question.(質問があります。)
Well, what’s up?(どうぞ。何?)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
質問したいときに使う始めの一言です。誰かに話しかける時や電話でどこかに問い合わせする場合でも使えます。先にこのフレーズを言えば自分が質問したいということが相手に伝わるので、少し英語に戸惑っても相手も質問を待ってくれると思います。

フレーズ特有の曖昧なニュアンスの説明
会話の出だしとしては少し改まった印象ですのでこの後にあまり内容の薄い質問(例、コーヒーと紅茶どっちがいい?)を持ってくると不自然です。その質問から話が弾む、進む場合に使うと良いでしょう。会話の途中でしたら、質問したかった事を思い出したかのようにOh, by the way, I have a question.(あ、ところで質問があるんだけど)と話し手みるとネイティブっぽくなります。

ihaveaquestion
引用元:YouTube

Can I pick your brains ?(ちょっと知恵をお借りしたいのですが。)

例文紹介
Can I pick your brains ?(ちょっと知恵をお借りしたいのですが。)
Sure, what do you need ?(もちろん、どうかしましたか?)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
誰かの知恵を借りたい時やアイディア、アドバイスが欲しい時によく使われるフレーズです。仕事場で上司など目上の人にアドバイスをもらいたい場合や相談をしたい場合はCan Iの部分をI would likeに替えて言うとより丁寧で良いでしょう。

フレーズ特有の曖昧なニュアンスの説明
直訳すると「あなたの脳みそをつかみ取ってもいい?」となり脳みそ=アイディア、知恵と考えればニュアンスがつかみやすいかと思います。ただこのフレーズはあまり深刻な相談などでは使わず軽い相談程度の場合で使われます。

I wanna (want to) ask you about〜(〜について聞きたいんだけど。)

例文紹介
I wanna (want to) ask you about tourism in this town.(この街の観光について聞きたいんだけど。)
Fire away.(はい、どうぞ。)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
何か特定の事について友達など身近な人に対してフランクに質問したい時に使うフレーズです。〜の部分に質問したい単語を入れると相手に何について質問しているのかが伝わるります。 フォーマルな場面や丁寧に話す場合はI would like to ask you about〜と言った方がよいです。

フレーズ特有の曖昧なニュアンスの説明
want toの部分を略してwanna(ワナ)と発音する言い方をネイティブの人たちはよくしますが、これはあくまで話言葉で書く時には友達でもwant toと書くのが一般的です。ただ英語の歌の歌詞などにはよくwannaと書かれたりします。

How do you spell 〜?(〜のスペルはどう書きますか?)

例文紹介
My family name is Haynes.(私の名字はヘインツです。)
How do you spell that ?(スペルは何ですか?)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
英語のスペルを尋ねる時に使うフレーズです。自己紹介のときに聞き慣れない名前を聞いたときはスペルを聞いてみると覚えやすいです。また日本人の名前も相手には難しい場合があるのでこのフレーズで質問される場合があるかもしれません。

フレーズ特有の曖昧なニュアンスの説明
こちらのフレーズは丁寧な言い方ですので、カジュアルに言いたい場合はWhat’s the spelling ?でも大丈夫です。日本人にとってはBとVなどスペルを教えてもらう時に聞き取りにくいものがありますが、そんな時ネイティブの人たちは”B for bravo”(ブラボーのB)や”V for victor”(ビクターのV)と言って教えてくれることがあります。Victorは一般的な名前なのでその名前のスペルを知っていないと分かりにくいかもしれませんがそんな時は”V for Victory?”と自分の知っている単語で聞き返してもいいと思います。

How do you pronounce 〜?(〜はどう発音しますか?)

例文紹介
(Pointing to a city on a map) I recommend visiting this town.((地図にある街を指差して)この街に行くことをおすすめするよ。)
How do you pronounce the town name?(その街の名前はどう発音するの?)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
英語の発音を尋ねる時に使うフレーズです。英語では書いてあるアルファベット通りに発音しない場合が多々ありますがそんな時はこのフレーズでネイティブスピーカーに聞いてみるといいでしょう。また自分では日本で習った単語を正しく発音しているつもりでもあまり伝わらない単語があればそれは方言のせいかもしれません。そんなときはぜひ現地の人に発音を聞いてみてください。

フレーズ特有の曖昧なニュアンスの説明
カタカナ英語では通じない物をいくつかあげるとセーターは”スゥエッター”、ビタミンは”バイタミン”(イギリスではビタミンで通じます)と発音しなければなりません。

What does it mean ?(どういう意味ですか?)

例文紹介
It says “occupied” so we can not use it.(Ocupaidって書いてあるから使えないよ。)
What does occupied mean ?(Ocupaidってどういう意味?)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
英語の意味を尋ねる時に使うフレーズです。見たり聞いたりして分からない事があればこのフレーズで意味を聞いてみてください。スラングだけでなく地名やその地域だけで使われているような言葉はあまり辞書には載っていないのでその場で聞くのが一番です。

フレーズ特有の曖昧なニュアンスの説明
日本人はあまり会話の内容が分かっていなくても、うなずきながら会話の流れを止めないように心がけますが、このスタンスは海外では失礼にあたる場合もあります。勇気を出して会話の途中でも分からない事を聞く事が大切です。

question-kid
引用元:LSS Touching Lives Blog

Can I ask a favor?(お願いがあるんだけど)

例文紹介
Can I ask a favor?(お願いがあるんだけど。)
Sure. What is it?(うん、どんなお願い?)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
普段の日常会話のなかで使うフレーズです。何か相手にお願いをしたい時に使います。直接、お願い事の内容を言うのがはばかられる時とかに、前置きとして使います。軽いお願いというよりは、ちょっと手間のかかるお願いをする前に、使います。

フレーズ特有の曖昧なニュアンスの説明
ニュアンス的には、「冗談言ってるんだろ?!」「からかってるのか?」「ちょっと信じられないな」という大きな驚きを示す意味合いがあります。少し、大げさなリアクションです。何か不快な発言や出来事に対して、怒りを表現する時にも使われます。

What’s the matter?(一体どうしたの?)

例文紹介
What’s the matter with you? Why don’t you eat? (どうしたの?食べないの?)
Nothing. I just don’t like meat.(別に。肉料理が好きじゃないだけ。)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
普段の友達や家族との日常会話のなかで使うフレーズの一つです。相手がなにか困った様子の時や、何か問題がありそうな時に、一体全体、何が起こっているのかを尋ねるために使うフレーズです。何か様子がおかしい、いつもと違う時に使うフレーズです。

フレーズ特有の曖昧なニュアンスの説明
ニュアンスとしては、日本語で言う「一体全体、どうしたの?」という感じです。少し大げさな表現です。何か問題があるのか?いつもとなんだか様子がちがうぞ、というニュアンスが込めらています。相手を強調したい時は、Withを使って "What’s the matter with you?”(一体君に何があったの?)というようにも言います。

Are you sure about that?(それって、本当なの?)

例文紹介
I think they started dating. (たぶん彼ら付き合ってると思うよ。)
Are you sure about that?(それって、本当?)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
通常の日常会話のなかで使われるフレーズの一つです。相手の発言に対して、意外性に軽く驚いた時にリアクションとして使える表現です。話のつづきを促す時、もう少し理由や説明を付け加えて欲しい時、そんなときにも使えます。

フレーズ特有の曖昧なニュアンスの説明
ニュアンスとしては、軽い驚きを表しています。Are you kidding me?ほど強い表現ではありませんが、ちょっと信じられないな。どうしてそう思うのか?それは確かなのか?相手に確かめたいといったニュアンスが含まれています。

I just want to make sure…(ちょっと確認したいのですが、)

例文紹介
Do you have any other questions? (他に何かご質問はありませんか?)
I just want to make sure. Should I just come to the office at 10:00 a.m. next Monday?(ちょっと確認したいのですが、来週の月曜午前10時にオフィスに伺えばよろしいんですよね?)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
日常会話表現の一つです。何か確認したいことがある時に前置きするときに言うフレーズです。会社の上司などに指示内容を確認する時などにも使います。重要なことに対して、情報の聞き間違いや誤った理解がないかどうかを確認する際に使います。

フレーズ特有の曖昧なニュアンスの説明
「ちょっと確認したいだけなのですが」というような感じで、軽い質問をするようなニュアンスになります。内容についてある程度はわかってるんだけど、念のために確認したくて、という感じです。

What 〜 again?(〜って何だったっけ?)

例文紹介
What was the title of the book you mentioned the other day again?(この間話していた本のタイトルなんだっけ?)
It was “Bushido”.(「武士道」だよ。)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
日常会話の中で使われるフレーズの一つです。以前聞いたことがある内容に対して、聞いた内容を忘れてしまったので、もう一度言って欲しいという時には、語尾にagainをつけて質問文にして聞きます。カジュアルな場面で使います。

フレーズ特有の曖昧なニュアンスの説明
ニュアンスとしては、「この間言っていたあれなんだっけ?」という感じです。カジュアルな表現です。What is your friend’s name again? (友達の名前なんだっけ?)Who will come tonight again? (今夜誰が来るんだっけ?)など何でも使えます。

question
引用元:Align to Divine Health

I have a question.(質問があります。)

例文紹介
Does anyone have any question?(何か質問はありますか。)
I have a question (to ask).(はい、あります。)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
使い方は日本語と同じで、「質問があるのですが・・・」の意味です。カジュアルにでも改まった場面でも、どちらでも使うことができます。質問系ではないので、話し手は質問をする権利があり相手は質問に答える義務があるような対等な関係性の中で使うことが多いです。

Can I ask you a question?(質問をしてもいいですか。)

例文紹介
(一つの説明が終わって)So that’s it for now.(これで説明を終わります。)
Can I ask you a question?(質問をしてもいいですか。)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
これは許可を求める聞き方になるので、「今ここで質問をしてもいいですか」というように相手のほうが少し力関係が強い場合に使います。しかしあくまでも丁寧に聞いているだけなので、I have a questionと同等の意味で使うことができます。心象としては、Can I ask you a question?のほうが優しいイメージを受けます。

Do you have a minute?(お時間はありますか。)

例文紹介
Do you have a minute now?(いま、お時間はありますか。)
I have only 5 minutes, what it is?(5分だけならありますが、どうしましたか。)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
話し手より目上の人、忙しい相手へ質問をする場合に使います。「わざわざ時間を割いてもらう」という気持ちが強い場合が多く、上司や教授などに質問がある場合、まずは時間があるか確認をしてから本題に入ります。

There is something I don’t understand.(わからないところがあるのですが。)

例文紹介
There is actually something I don’t understand.(実は少しわからないところがあるのですが。)
What is it?(どこですか。)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
聞きたいことがあるが、直接的に質問することに気が引ける場合に使う表現です。ある事柄について「まったくわからなくて質問している」というよりは、理解しようと努力はしたがわからないというポジティブな要素をもたせた上で質問することができます。

There is something I want to ask .(聞きたいことがあります。)

例文紹介
There is something I want to ask you.(聞きたいことがあります。)
What it is?(何ですか。)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
比較的シリアスな場面で、使うことが多いです。「勇気を持って聞いている」という印象が強いので、改まってこの機会に質問をする表現です。たとえば好きな人に恋人がいるかや頼みづらいことを依頼する場合などに使います。

something
引用元:DDO Players

Excuse me.(すみません。)

例文紹介
Excuse me.(すみません。)
How may I help you today?(どういたしましたか。)

どういったタイミングでこのフレーズを使うか?
英語で質問をする際の、一番シンプルな声かけです。街で道を聞くときやお店で店員さんに質問をする際など、まずはExcuse meと声をかけ「質問したいことがある」という意思表示をする必要があります。

以上となります。さっそく覚えたフレーズを使ってみましょう!


おすすめ記事

英語学習ってこんなに楽しくていいの…?海外ドラマで英語学習しよう!

» 英語勉強にオススメな『海外ドラマ』20選【リスニング学習用】