【何度も聞いて読んで英語力をUP】[多読多聴]ローマの休日



英語上達の段階は簡単な英語の文章を何度も読んだり、何度も聞くことが大切です。簡単な英語ではなく、難しい英語だとモチベーションも下がってしまいます。何度も聞いて読んで英語の実力をアップさせる「多読多聴」という言葉は聞いた事がない方もいらっしゃると思います。このアプリは「ローマの休日」を英語で電子書籍のようにして使えるアプリです。洋書が好きでも嫌いでも比較的読みやすい内容の英語で書かれています。よって、最初はわからなくても続けていくうちに英語の実力がアップすること間違い無し。

スポンサードサーチ


[多読多聴]ローマの休日の難易度:TOEIC600点〜700点

 

[多読多聴]ローマの休日の良い点

読めても実際に英会話になると話せない。日本人が発音しているような英語はわかりやすいけれど、外国人とは話すのは難しい・・・というお声をよくいただきます。このアプリはネイティブによる音声も入っていて、読みあげたところが色付きのハイライトで表示されます。そこで耳だけではなく、目でしっかり確認しながら文字と合わせて学習できるところがポイントです。わからない単語は辞書機能でしっかり調べてみて。電子書籍アプリとしても使い勝手が良いものになっているので使ってみてください。

 

[多読多聴]ローマの休日の悪い点

ただ英語を勉強するという「受験英語」のための学習で使うのならば少し物足りないでしょう。実践的な英語を学びたい人や、英語を楽しんで実力をアップさせたい人は必見です。

 

[多読多聴]ローマの休日での英語学習方法

まずは聞いて読む。そうすることで英語回路(英語でものを考える回路)が活発になり、英語を聞くこと自体が楽しくなってきます。つまり、聞くことに抵抗がなくなり、英語を聴いたり、読んだりする際に内容が少し頭に入ってきたり、わかるようになります。英語が少しずつ頭に入ってくるようになるとストーリーを楽しむことができます。そこまで来たらもっと聴きたい、読みたいと思うようになります。これが英語を学ぶ時の回路です。とにかく聞いて、読んで・・・ということを行っていると英語をとらえる回路ができてきます。


おすすめ記事

英語学習ってこんなに楽しくていいの…?海外ドラマで英語学習しよう!

» 英語勉強にオススメな『海外ドラマ』20選【リスニング学習用】