小学生の英語勉強方法がまとまっている必読記事25選【保護者向け】



【おすすめアプリ】無料で英会話レッスンを受けることができます!

導入企業1,000社以上!No.1のオンライン英会話サービスなら、レアジョブ

» こちらのリンクからアプリをダウンロードしてください


もくじ

小学生のお子様をお持ちの保護者向け記事です。

小学生の子供に英語教育をしたいけど、どこから手をつければ良いか迷っていませんか?

そこで今回は小学生向けの英語勉強法を知るために読んでおくべき記事を25選でまとめました。気になる記事を探してじっくりと読んでみてください。

小学生が英語をマスターすることができる効果的な勉強


大人も小学生も英語をマスターするにはかなりの学習量が必要という事実は共通しています。ですが小学生の場合はその学習能力の高さからより短期間でより高い英語力を身につけることが出来るようです。ポイントは「楽しく学び継続出来るようにすること」「親といっしょに学ぶこと」「使いたい英語を使わせて上げること」など。中学生以上や大人は文法など理屈で覚えていくのに適していますが、小学生にはすこし違ったアプローチが必要です。

お金をかけない子供英語勉強法


小学生低学年までは歌やチャンツなど感覚的に学ぶこと、高学年以上は文字や文章による学習が適しています。出来るだけ安く学ばせたい、という親の本音に寄り添って無料のさまざまな教材が紹介されています。CDつきの絵本やYoutube動画など年齢に合わせて興味を持ちやすい適切な教材選びがポイントになりそうです。やはり小学生は親御さんがどのくらい子どもの学習に関われるかが大事なようですね。

グローバル社会で活躍できる力を育む、小学生の英語学習法とは?


語学スクールのベルリッツによって小学生低学年・中学年・高学年のそれぞれの段階での適切な学習法が紹介されています。低学年ではフラッシュカードを使った学習が有効だとか。3・4年生頃からフォニックスやライティングの学習を始め、英検などの受験も考えてみてもよさそうです。高学年では英語キャンプに参加するなどより積極的に生の英語に触れることで興味を湧かせる仕掛けも大切。

小学生への英語教育の注意点!英語を話せる子供を育てるポイント!


幼児期と同じようにこの時期はただ英語を聴かせるだけで十分といいます。大事なのは次の5つのポイント。①すぐに結果を求めない、②本当に英語が必要となるのはずっと先、③子供の自立心に任せて放っておく、④時が経てば自然と覚える物もある、⑤子どもと一緒に勉強しない、以上。②は親御さんが持っておくとよい基本的なスタンスです。また⑤については一緒に楽しく学ぶ姿勢は大事でも「勉強」はしないこと、つまり楽しくないことを無理強いしない、ということですね。

小学生から始めるオンライン英会話の学習法


何と言っても安価でたくさんの時間、英語に触れることが出来るのが魅力のオンライン英会話学習。小学生にも向いた学習法です。何より、英語を聴く➡日本語の意味に直す➡英語で話す、というプロセスではなく、英語を聴く➡英語を話すという直接英語で理解し、英語でアウトプットするというプロセスに慣れることができるのも小学生だからということです。利用しない手はないですね。小学生高学年までに英検3級を取れるようにというのがひとつの目標の目安だとか。それが達成出来れば中学生になってからの学習に自信が持てるでしょう。

小学生から始める英語勉強法


現在のグローバル社会で生き抜くためには英語が話せることが必須条件という前提に立ち、小学生のうちにはコミュニケーション力を育てることが大事という理解の上に立ってその学習方法について述べています。学習を始める年齢も提示されていて、科学的根拠に基づいて、3歳または4歳の日本語が話せるようになってからの学習を薦めています。

小学3年生の英語学習は、なぜフォニックスから始めるべきか?


小学校でも3年生から「外国語活動」として触れ始め、5年生からは「教科」として学ぶことが予定されている現状の中、3年生においてはフォニックス(音と綴りの関係を体得するトレーニング)をマスターすることを薦めています。自分が発音出来ない音は聞き取ることも出来ない、人は発音できる音を有意味、発音できない音を無意味と捉えるものという説明には成程、とうなづけるものがあります。

幼児や子供の英語・・・自宅での勉強方法


子どもに英語を身につけさせたいママの視点で現実的な費用の面にも触れながら、英語学習法をアドバイス。英語に触れる、しかもアウトプットするということが最も大事というスタンスでオンライン英会話が最適という結論に導いています。学習法にパレートの法則を持ち出して語っておられるのも面白いですね。成程そういう考えもあるのかと参考になります。

小学校英語教育、2020年「小学3年生から必修化」、「小学5年生から教科化」。英語教育の早期化がもたらす影響とは?


小学校での英語の「必修化」「教科化」は他でも取り上げられていますが、この記事の特筆すべきところは、より踏み込んでそれが社会に及ぼす影響まで論じられていることです。具体的には、今後中学受験での英語の受験科目化が検討される可能性があると述べられています。その後の受験業界の過熱の可能性や反対論者に対する韓国での実証の事実が挙げられています。英語教育の早期化に保護者として出来ることとは?読んでためになる記事です。

親子で負担の少ない、隙間時間を使った毎日続けられる取り組みは?


学校授業と英会話だけで大丈夫?他の習い事で手いっぱいでこれ以上時間がとれない。自分も忙しい・・・。お金をなるべくかけずに国際人に育てたいお母さんのための「目からうろこの英語習得裏技」や「おススメオンライン英会話教室」を10年間の海外生活経験 + 帰国子女母 + 子供英語教室の先生が公開している記事です。小学生が英語を身につける上で大切なのは、焦らず無理せず英会話のみに特化しましょう、とアドバイスします。親子が楽しく続けられる仕組みを作ること、そのためにはやはりオンライン英会話が費用・時間・効果的に、そして送り迎えなどの手間も省けることが一番と言います。

小学生からの英語勉強法、8カ国後を操る東大教授から教わった語学をマスターするコツ


8か国語を操る東大教授から学んだ言語をマスターするコツについて、それはひたすら「音読」と「暗記」というシンプルなものでした。英語が苦手であった筆者の海外旅行の実体験からその効用を証明しています。英語学習にはスマホのアプリが役に立つということで、画像入りでくわしく使い方が解説してあり、参考になります。

小学生に最適な英語学習法


子どもにとって最適な英語学習法とは?小学生に英語を教えている筆者が考える方法は、「英語を好きになる」というもの。そして出来るだけ早く英語に触れさせること。「英語やったの?」という宿題が終わったかのチェックのような態度や「英会話スクールへ行きなさい」という押し付けの態度でなく、親子ともに楽しむというスタンスが大事なようです。

英語は小学生から学び始めないとだめですか?


「早期教育の効果に根拠はない。英語は中学校から始めても十分マスターできる」「しゃべれるようにならないのは、中学からでは遅いのではなく、中学での教え方に問題があるから」「「遊んでいるだけ」の子供英会話教室では英語は身につかない」「日本語教育が優先。英語はあくまで外国語、第二言語、英語に血道をあげない。高い英語力は高い日本語力が前提」「英語を「お遊び」に終わらずしっかり「学習」すること。小学生英語は中学英語への橋渡し程度。多くを望まず、ゆっくり着実に」現場の指導者の言葉にはやはり説得力があります。

変わる小学校の英語教育!これからの変化と塾・家庭での学習方法


今後の小学3年生からの英語必修化、5年生からの教科化に向けて親が向かい合うべき子どもの英語学習への立ち位置をわかりやすく示してくれています。まず、英会話スクールで得られる力と塾で得られる力は違うことを認識して、何が目的なのかを明確にすることが大事と説きます。中3のとき英単語のスペルが怪しい場合、下手をすると小学校3年レベルまで戻らなくてはいけない!という指摘にはあっ、と思わされます。

子供の英語学習法!効果が出やすい時期・適正スタイルを調査


適切な英語学習スタイルはCD・DVDなどの教材を使用した「家庭学習」とプロのネイティブ講師による「英会話スクールでのレッスン」を組み合わせたものという提案。3,4歳がスタートするには良い時期とか。もう1つ忘れてはならないこと、それは子供は「必要のない知識をなかなか覚えようとはしない」ということ。成程、そうですよね。英語=勉強というイメージになってしまうと、どうしても楽しみがなくやる気を削がれてしまうので、親御さんはその点を十分注意して子どもの英語学習に向き合うことが大切です。

【連載:小学生で英検3級に合格した勉強方法ガイド】


20年という長きに渡り子どもに英語を教えてきた先生がその指導経験をもとに小学生で英検3級を獲得することのメリットを伝えています。英検3級といえば中学校卒業程度の英語力に相当する力とされており、獲得できればかなり本人の自信へとつながります。そして英語をもっと勉強したいという正のスパイラルに入っていけるというのです。確かにそうでしょう。でも中学生と同じ指導法で文法から学んで小学生が3級が獲得できるわけではありません。ポイントは「音読」「多読」「英語ゲーム」。楽しく学んで英検3級が獲得できるとは。ぜひ自分の子どもにも目指させてみたいものです。

帰国子女が教える小学生からの英単語の覚え方


バイリンガル講師による個別レッスンのESLクラブが提供している記事をご紹介します。イラストを描かせるワークなど小学生向けのレッスン内容を紹介していますが、学習方法としては大人にも通じるものがあります。100個の単語を覚えようと思ったら15個ずつ7日間やるのではなく、100個を毎日やり7日間続けるほうが効果がある、など。単語の持つイメージと音を結びつけるために、音読が欠かせないポイントです。

洋書に挑戦!小学生が洋書を選ぶ際に大切にしたい3つの視点


「読める」状態とは、「文字→音→イメージ(映像)」の流れが起きながら頭の中でイメージが流れていく状態であるという認識に立ち、
①「文字→音」が正確にできるようになるサポートがあること
②すでに「音→イメージ」ができる単語がなるべく多く含まれていること
③知らない表現(単語・言い回し)が出てきた時に、それが指す内容をイメージするサポートがあること
が大事とポイントを説明しています。

家庭学習で!英検5級に合格できる勉強方法のコツとポイント


家庭教師の経験もある親御さんが自分の子どもに英検5級を目指して勉強させた体験記です。
1.NHKラジオ講座「基礎英語1」を聴く
2.「中学英語らくらく学習王国」をやる
3.「7日間完成 英検5級予想問題ドリル」をやる
4.過去問題集をやる
など親御さんの2か月半に渡るご努力も垣間見えます。1つの問題集に拘ってやり切る!英検に合格することを目標に達成することで自信がつく、とお勧めです。

小学校英語とフォニックス


小学校英語の最前線の現場で活躍されている先生へのインタビュー形式の記事です。最後の段落で、担任の先生がフォニックスの指導法を学んでいない場合はどうしたらよいか?という現実的な不安に対して、問題ない旨やさしくアドバイスされています。英語が苦手で小学校の先生になった人も多いと聞きます。先生方にはぜひ不安にならず生徒とともに楽しく学んでいってほしいものです。

オランダの英語教育事情 ~小学校卒業までに英会話をマスター


オランダでは、「脳」の働きに着目した最新メソッドを組み合わせた早期英語学習が行われている。もちろん環境も違うし、母語の言語体系が英語に近いなどの違いはあるがどうやって外国語を小さいうちにマスターさせるかという点で参考になります。大声で音読すること、1日最低1時限の英語学習、文法は後回し、など。英語と母語が混ざらないようにきちんと区別出来るように練習するなど。

英会話初心者におすすめ!「絵本」で英語を学ぶ方法、英語絵本が読める無料サイト


絵本の「易しさ」はが英語教材として優れています。単語も表現も文法も分かりやすく学べますし、挿絵から視覚的に学ぶことが出来ます。生活文化や考え方も学べるのも良いですね。この記事では、無料で英語の絵本が読めるオススメサイト5選と安価で購入出来るオススメ絵本を紹介。独身の方は、いずれ授かる子供のために絵本の読み聞かせをイメトレしてみてはいかがでしょうと薦められています。自身の英語学習にも役立ちそうですね。

【小学生の英語勉強法】教材選びに迷った時に頼りになる3つのコツ


小学生の英語学習は、楽しみながら学習することが一番大切。あまり結果を気にしすぎないことが、長く続けるコツというのはその通りと思います。親として大事なのは結果を求めて押し付けたり、「しなければならない」という意識を植え付けること。また、小学生の時期はできる限り日本語を使わずに英語を直で学習させてあげることを意識するのが大事とか。親御さんのサポートも大事で一緒に楽しく学ぶことが肝要。

子供の英語学習方法まとめ。何歳からどんなことをするといいの?


子どもの英語教育は何歳から始めるといいの?英語教育に興味のある親御さんなら誰しも持つと思う疑問です。早いに越したことはないでしょうが、日本語の発達とのバランスを考える必要もあります。まず親として、子どもにどのレベルの英語力を身につけさせたいのかをはっきりされる必要があります。日常会話レベルのマスターであれば小学生からでも十分間に合うと記事では述べられています。それでも少しでも上手く話せるようにさせたいなら、4・5歳がベスト?!

井原さん家の子の英語成長日記


子どもをバイリンガルに育てるべく奮闘するお母さんの教育ぶりが実にリアルに
記録されています。6歳のころから短期留学したり、日本では家庭教師に御願いしたり、様々取り組むお母さんですが、決して無理に強いることはしません。子どもものんびり英語を身につけていきますが、それでも十分!こんな育て方もあるんだ、ととても参考になるブログです。


おすすめ記事

英語学習ってこんなに楽しくていいの…?海外ドラマで英語学習しよう!

» 英語勉強にオススメな『海外ドラマ』20選【リスニング学習用】