【2週間で英語耳の完成】『英語聴覚セラピー 奇跡の音』がリスニング学習に最適



英語のリスニングに最適。英語の発音に慣れるためには英語特有の周波数に耳を慣らすこと。ネイティブの発音が3種類収録されている中で強調されている周波数の値がそれぞれ異なっていることが特徴。例えば5000ヘルツ~8000ヘルツのものを強調している場合、英語特有の子音や破裂音などに耳を慣らすことができます。例文はすべてシチュエーションごとに聞くことができます。空港やホテル、観光、飛行機内での会話が周波数ごとに繰り広げられる感じです。

スポンサードサーチ


難易度:TOEIC500点~600点

 

『英語聴覚セラピー 奇跡の音』の良い点

耳についての知識が手に入るという面で、耳はやり直しができる器官として成り立っているところがわかります。周波数がキモということで、最初はかなり聞きにくい音でも2週間ほどたつと覚えられるというところはいいですね。英語特有の音になれるというのは、なかなか普段の学習ではしないこと。私たちは学校でおもに文法しか勉強しませんから、音から学ぶというのは画期的。アプリ内でも音と、英文、日本語訳とすべて出てくるので、学習の効率も格段にアップするはずです。

 

『英語聴覚セラピー 奇跡の音』の悪い点

実はこのアプリ、無料での提供ではありません。300円かかってしまうというのが最大の難点。無料での提供ならばかなり気軽に発音やイントネーションの練習ができるアプリなのですが・・・。また、2週間というのが何を基準に示しているのか、そして1日にどのような学習法を行えばいいのか、など具体的なものがないので必ずしも2週間というのが正しいのかは謎です。

 

『英語聴覚セラピー 奇跡の音』での英語学習方法

学習法の定義がないので、あくまでもぼくの実例でご紹介します。朝起きてから出かけるまでの間、15分は空港での会話についての周波数を3種類聞いています。3種類聞いてわかりにくかったものをとにかく聞いて耳をなれさせます。朝の時間はこれで終わり。仕事から帰宅したらご飯を食べながら朝、聞き取りづらかった1種類の周波数を聞いてから、飛行機内の周波数に移り、それも何度も聞きます。一番聞きにくかったものを繰り返し学習するのがポイント。毎日その時間していくと2週間経った頃にはなんとなく耳が音に慣れてきたような感覚になります。


おすすめ記事

英語学習ってこんなに楽しくていいの…?海外ドラマで英語学習しよう!

» 英語勉強にオススメな『海外ドラマ』20選【リスニング学習用】