海外旅行で使える英会話76選【使うシーン別の総まとめ】



オススメ 【体験談】オンライン英会話の無料体験を8社受けました。選び方とは

オススメ 英語の基礎学習にオススメなアプリ30選【iPhone・Android】

もくじ

英語を上達させるには、英語漬けになるのが一番です。
英語は中国語とスペイン語に続き、英語は世界で3番目にネイティブ人口の多い言語です。メディア、国際政治または経済において重要な言語であり続けてきたため、世界中で最も広く話されている言語と評されています。そこで今回のテーマは…!

もくじ

・挨拶で使える英会話5つ
・空港で使える英会話6つ
・飛行機で使える英会話4つ
・税関で使える英会話6つ
・目的地に着いてからで使える英会話7つ
・ホテルで使える英会話12個
・街中で使える英会話6つ
・道順を尋ねるときに使える英会話5つ
・街中で使える英会話6つ
・レストランで使える英会話11個
・緊急時に使える英会話3つ

スポンサードサーチ


海外旅行の『挨拶』で使える英会話5つ

海外旅行の『挨拶』で使える英会話5つ
挨拶は、英語学習者にとって最も簡単な言葉であり、同時に、会話においても必要不可欠です。英語が公用語の国を旅行する間、話をよく聞いてもらうために、気持ちの良い挨拶は大事です。最もよく知られている挨拶を見ていきましょう。

Good morning.(おはようございます。)

このフレーズは、英語を話す人にとって、朝の挨拶の典型的なものです。とてもかしこまっているのではありませんが、見知らぬ人や先生、警察、要人など公の人に対して使われます。基本的に、このフレーズをつかうのは正午までです。もし午後に使ったら、かなり滑稽に見られるでしょう。

Good afternoon.(こんにちは。)

正午を過ぎて「おはようございます」を使う間違いをしませんでしたか?「こんにちは」を使いましょう。また午後と夕方の境がはっきりしなくても、およそ午後5時まで使います。

Good evening.(こんばんは。)

宵は、午後5時から10時の間です。なかには、眠るまでだという人もいます。いずれにせよ、晩御飯の後の時間に使われます。

Hello / Hi / Hey.(こんにちは。)

Helloは、とてもかしこまった言い方で、見知らぬ人に対してもしくはフォーマルな場所で使います。Hiは、Helloほどかしこまってはいませんが、公の人に対しては使いません。Heyは、友達や家族の間にのみ使われます。

How are you? / How is it going?(元気ですか?)

この質問は挨拶の後にきて、気分はどうか尋ねるのに使います。尋ねる一方、あまり深く掘り下げるのは良くありません。端的に、「いいよ」もしくは「あまりよくないな」と返事するだけで十分です。
先に挙げた挨拶はかなり重要です。こちらのページも見てください。洒落た表現で会話したいのならば、goodの代わりの表現も見てください。

海外旅行の『空港』で使える英会話6つ

海外旅行の『空港』で使える英会話6つ

英語が公用語の国へ行く時、空港で初めて英語に出くわすでしょう。スムーズにチェックインするためのフレーズを見ましょう。

I would like…(~がしたい。)

このフレーズは、何かをしたい時に使う、よく使われる丁寧な表現です。例えば、もし喉が渇いていたら、「お水をください」と言えるでしょう。

What time is my flight?(私の乗る便は何時発ですか?)

空港ではいつでも順風満帆にことが進むとは限りませんが、この質問で飛行機に乗り遅れることはなく、英語を公用語としている目的地へ行けるでしょう。

What airline am I flying?(私の乗る飛行機の航空会社はどこですか?)

航空会社とは、あなたが乗る飛行機を所有している会社のことです。

Where is my gate?(どのゲートから乗ればよいですか?)

ゲートとは、飛行機に搭乗する地点のことで、飛行機に乗るのを待つ場所です。

Where is the restroom?(トイレはどこですか?)

このフレーズには多様な表現があり、国によってトイレの呼び方は異なります。a bathroom, a washroom, the toiletsなど。

How much does the magazine cost?(この雑誌はいくらですか?)

このフレーズは例えば、水、お菓子(軽食)もしくは本など他の物を買いたい時に、雑誌の代わりに言葉を入れることができます。

海外旅行の『飛行機』で使える英会話4つ

海外旅行の『飛行機』で使える英会話4つ

あなたは空港を発ち、飛行機に乗っています。良い空の旅を送るためにフレーズを見てみましょう。

Are meals included?(食事は出ますか?)

全ての航空会社が食事を提供するわけではないので、あなたの便でも出るか聞いてみると良いですね。

May I have something to eat/drink?(何か食べものや飲み物はありますか?)

何か食べ物や飲み物を注文するために、このフレーズを使ってみてください。

May I purchase headphones?(ヘッドホンを買えますか?)

もしかしたら必要になるかもしれません。キャビンアテンダント(飛行機で働く人)に、買えるか聞いてみましょう。

What time is it?(今何時ですか?)

時計が手元にないときには、この質問を使いましょう。

海外旅行の『税関』で使える英会話6つ

海外旅行の『税関』で使える英会話6つ

空港や飛行機に次いで旅行客にとって最もストレスのかかる場所は、税関です。入国の目的や意図を説明しなければならない場所です。でも、緊張しなくて大丈夫!これらのフレーズがきっと役に立つでしょう。

I have a connecting flight.(乗り継ぎのためです。)

滞在予定の国に着いたのではなく、別の飛行機に乗り換えて別の場所に行く時に言います。

I am traveling for leisure.(観光が目的です。)

楽しみや休暇で訪れるのなら、このフレーズを使います。

I am traveling for work.(仕事が目的です。)

会社やビジネスで訪れるのなら、このフレーズを使います。

I will be here for ___ days._日間滞在します。

この空欄には、あなたが滞在する日数を入れます。

I am visiting family.(家族に会いに来ています。)

目的地に家族がいるかどうか、税関職員は尋ねます。家族の名前や住所を尋ねられたら、伝えましょう。

I am staying at _____.(―に滞在します。)

税関職員は、目的地のどこに泊まるのか尋ねるでしょう。予約しているホテルの名前を伝えましょう。

海外旅行で『目的地に着いてから』使える英会話7つ

海外旅行で『目的地に着いてから』使える英会話7つ

空の旅の後はまさに楽しみの本番がやってくる、目的地(訪れる場所)。これらのよく使われるフレーズは、散歩や探索するのに役に立つでしょう。

Do you have a map?(地図はありますか?)

地図(目的地の図による案内)を使うことは、レストラン、アトラクション(見に行きたい観光スポット)また泊まるホテルなどを探すのに役立ちます。

Where is the currency exchange?(両替所はどこですか?)

両替所では、母国のお金を目的地で使うお金に替えることができます。

Where is the bus stop?(バス停はどこですか?)

目的地に安く行きたいのなら、バス停を見つけることは特に役に立ちます。「このバスはどこへ行きますか?」と尋ねることは、正しい行先かどうか知るのにも役立ちます。

Where can I find a taxi?(タクシーはどこで乗れますか?)

国によってはバスが通っていないところもあります。タクシーをcabと呼ぶ所もあります。

I would like to go to _____.(_へ行きたいです。)

行きたい場所を空欄に入れれば、目的地へ行くことができるでしょう。

Do you know where this hotel is?(ホテルの場所は分かりますか?)

もし迷ったら、ホテルに戻りましょう。

I don’t understand.(理解できません。)

このフレーズは、英語が母国語ではないことをネイティブに知らせるのに役に立ちます。もし引き続き問題があれば、「あまりよく英語が話せません」と言ったり、「ゆっくり話してください」と頼めば大丈夫です。

海外旅行の『ホテル』で使える英会話12個

海外旅行の『ホテル』で使える英会話12個

空の旅はさておき、外国で次に重要なことは宿泊施設です。もしホテルにひとりで泊まる場合、次のフレーズは便利です。

Does the room have a bathroom?(トイレはありますか?)

前述したように、bathroomはrestroom(浴室とトイレ)と言い換えることができます。また、各部屋に(あなたのみ使える)トイレがあるのか、もしくは共同トイレ(他の泊り客と共同で使う)なのか知りたいですね。

How many beds are in the room?(部屋にベッドはいくつありますか?)

ベッドの数によって、部屋の予約数は変わりますね。

I would like one queen bed, please.(クイーンサイズのベッドが良いです。)

クイーンサイズのベッドは、二人が快適に眠れる大きさです。

I would like two double beds, please.(ダブルサイズのベッドを二つ使います。)

ダブルサイズのベッドには二人眠ることができますが、一人で使う時にはスペースに余裕があります。

What floor am I on?(泊まる部屋は何階ですか?)

この場合、階はホテルのランクに関係しています。

Where are the elevators?(エレベータはどこですか?)

高い階にいる場合、部屋までエレベータ(あなたを低い階に運ぶ装置)を使いたいですよね。

How do I access the Internet?(インターネットは使えますか?)

いくつかのホテルではWiFi(無線インターネット接続)があり、使いたい時、アクセスする方法を尋ねる必要があります。「May I have WiFi password?」と聞いてみてください。

Is there free breakfast?(朝食はついていますか?)

ホテルの中には、軽い朝食が無料で含まれています。受付で聞いてみるとよいでしょう。

My room needs towels.(タオルをください。)

ほとんどの場合、清掃員(部屋を掃除する人)は、滞在に必要なものは把握しています。もし忘れられている場合は、タオルやベッドのシーツやトイレットペーパーを頼みましょう。

My room is messy, and I would like it cleaned.(部屋が散らかっているので、掃除してください。)

部屋がきれいではない場合、もう一度掃除してもらいましょう。ためらわなくても大丈夫です。

How do I call for room service?(ルームサービスを呼びたいのですが?)

ルームサービスとは、あなたの部屋へ食べ物やお酒を運ぶサービスのことをいいます。

How do I call down to the front desk?(受付に用があるのですが?)

The front deskを言い換えるとThe reception deskになります。ほとんどの場合、昼も夜も一日中やっており、なにか必要な場合は、真っ先に声をかけてみると良いでしょう。

海外旅行の『街中』で使える英会話6つ

海外旅行の『街中』で使える英会話6つ

空港とホテルの語彙は大丈夫なので、新しい場所へ繰り出しましょう!散策中に役に立ついくつかのフレーズを見てみましょう。

Where can I find a grocery store?(食料品店はどこですか?)

Grocery storesは、レストランで食事をしたくない時に食べ物を買える場所のことです。

Where is the hospital?(病院はどこですか?)

旅行中に病気や怪我をした時、病院は必要になりますね。

Where can I find a restaurant?(レストランはどこですか?)

食事を作る体力は残っていますか?レストランへ行くことは、その土地の料理を試すのに良い方法ですよ。

Where is the bank?(銀行はどこですか?)

もしお金が足りなくなった時、お金をおろすために銀行へ行く必要があるでしょう。

How do you get to ____?(_へはどのように行けばよいですか?)

行きたい場所にどのように行くか決めるのに、役に立つ表現です。

How far is it to _____?(_まではどの位距離がありますか?)

歩きでも十分行かれる距離なのか、タクシーやバスを使う距離なのか知るのに、役に立つフレーズです。

海外旅行の『道順を尋ねるときに』で使える英会話5つ

海外旅行の『道順を尋ねるときに』で使える英会話5つ

方向を聞いている時、目的地に向かうのに、役に立つフレーズです。

It’s to the right.(右へ。)

右手の方へ進むという意味です。

It’s to the left.(左へ。)

左手の方へ進むという意味です。

It’s straight ahead.(真っ直ぐ。)

方向は合っており、そのまま進むという意味です。

It’s at the corner.(角。)

角は二つの道が交差する場所のことを言います。

It’s two blocks ahead (or three blocks, or four…).二つ目の区画の先(もしくは三つ目、四つ目)。

A blockは、交差する道と道の間にある、通りに沿った部分のことです。

海外旅行の『レストラン』で使える英会話11個

海外旅行の『レストラン』で使える英会話11個

一日中探索した後、料理を頂くことは待ちに待った休息です。レストランで役に立つフレーズを見てみましょう。またこのページは料理を頼むことについても書かれています。

A table for two/four.(二人もしくは四人です。)

レストランで食事をする人数を伝える方法です。

I would like to drink…(・・・を飲みたいです。)

飲みたいものの名前をフレーズの最後に入れたら、喉の渇きは癒されるでしょう。よく飲まれるものは水、ソーダ(炭酸入りの甘い飲み物)、ビールもしくはワインです。

May I see a menu?(メニューを頂けますか?)

メニューは食べたいものを決めるのに役に立ちます。

I would like to order ____.(_を頼みます。)

メニューから、もしくはこれらのものから一つ選び空欄を埋めます。

I’ll have soup.(スープをください。)

スープは食事の最初に口にします。

I’ll have a salad.(サラダをください。)

スープが熱くてすぐ飲めない時、サラダはいかが?

I’ll have a hamburger.(ハンバーガーをください。)

ハンバーガーは、たいていのレストランで食べられます。店員に乗せて食べたいものを伝えた方がよいです。

I’ll have chicken.(鳥肉をください。)

牛肉は食べませんか?ならば、鶏肉を頼んでみてください。

I’ll have an appetizer.(前菜をください。)

前菜は、メイン料理の前に食べる小皿で出てくる料理です。

I would like dessert.(デザートをください。)

デザートはメイン料理の後に食べる甘いお菓子です。

May I have the bill?(伝票をください。)

伝票には、食事が終わった後支払う金額が示されています。聞いて確認してみてください。いくつかのレストランでは、聞かれるまでは伝票を持ってきません。

海外旅行で『緊急時』に使える英会話3つ

海外旅行で『緊急時』に使える英会話3つ

これらのフレーズを覚えていても、思いがけない事態に遭遇することも考えられますね。念のために、以下のフレーズも覚えておきましょう。緊急時のフレーズは使わないのがベストですが、備えあれば憂いなしです!

I have lost my passport.(パスポートを失くしました。)

パスポートを失くした時、母国の大使館へ行く必要があります。このフレーズの空欄にあなたの母国名を入れて使ってください。_国の大使館はどこですか?

Someone stole my money.(お金を盗まれました。)

もしお金か所持品を盗まれたら、警察に連絡しましょう。アメリカでは、911に電話してください。

Help!(助けて!)

なにか良くないことが起こったら、この言葉を叫び、人々の注意と助けを求めてください。

以上となります。
しっかり覚えて、快適な旅を楽しみましょう。

オススメ 【体験談】オンライン英会話の無料体験を8社受けました。選び方とは

オススメ 英語の基礎学習にオススメなアプリ30選【iPhone・Android】