英語学習におすすめなサイト10選【捗りすぎヤバイ!】



オススメ 【体験談】オンライン英会話の無料体験を8社受けました。選び方とは

オススメ 英語の基礎学習にオススメなアプリ30選【iPhone・Android】

あなたは今、この記事をインターネット上で読んでいますよね。もちろんPDFなどに保存すればオフラインでも読めますが、たぶんパソコンやスマートフォンやタブレットで読んでいるはずです。

紙ベースの本や記事もすごくいいものです。手で触れられるしメモも取りやすい。でも今は何でもインターネットでできてしまう時代で、語学の学習もそうなのです。英語を学ぶのにインターネットを絶対に使いなさいとは言いませんが、使った方がいいです。

それは、他の教材の代わりにインターネットを使うということではなくて、学校の教科書でも気に入っている辞書でも、あなたにとって使いやすい教材なら何でも使えばいいのです。

でも本気で英語を学びたいと思っているなら、インターネットは必要です。

インターネット上には英語学習にとても役に立つサイトがたくさんあって、それを使わないのはもったいない。英語を話せることへの憧れでも、もっといい仕事に付くためでも、単に英語圏の国に旅行したいだけでも、どんな動機があるにしろ、インターネットは本当に役に立つはずです。

今回は、英語を勉強するなら絶対に見るべき11の英語学習サイトをご紹介します。そのほとんどは英語圏以外の人々向けですが、いくつかはネイティブ向けのものもありますよ。

大丈夫、あなたの英語レベルに関わらず、ネイティブ用のサイトも英語学習にはとても役に立ちますから!

スポンサードサーチ


1.VOA Learning English and Voice of America

VOA – Voice of America English News

VOAはニュースを扱う「Voice of America」の略です。本来はラジオ向けですが、今ではほとんどのコンテンツをインターネットで聞くことができます。後で触れるBBCにも似ていますが、VOAはアメリカの話題を扱っています。

VOAのサイトは母国語が英語である人々を対象に作られるニュースサイトで、いろいろな言語での翻訳サイトもあります。英語上級者や最近の出来事に関心がある人にはぴったりですが、まだそこまで英語が上達していないなら、VOA Learning Englishが良いでしょう。

このサイトは特に英語初心者向けで、字幕がついていたり話すスピードがゆっくりになっていたり、特別なプログラムを作ったりと、本物のニュースを英語初心者がよりわかりやすい内容に作り変えて提供しています。

VOA Learning English のホームページは、どんな話題のものがあるか、新着ニュースはどれかといったことがわかりやすく、あなたに合ったレベルやメディア形式、話題などを探しやすくなっています。

特に優れているところ

最新の出来事がわかる
VOA Learning Englishには「Learning English Broadcast(英語学習放送)」というラジオ番組と、「Learning English TV(英語学習テレビ)」という映像番組があります。

どちらも頻繁に更新されていて、とてもわかりやすくニュースが紹介されています。ダウンロードも簡単にできますから、オフラインでも聞くことができます。

語彙
ニュースだけではありません。「This is America(これがアメリカ)」では各章の終わりに単語や熟語のまとめがあります。読んだり聞いたりすることはもちろん、MP3でダウンロードすることもできます。

「Words and Their Stories(言葉とその物語)」は、例えば「太陽」に関係した表現や英語でよく使われるフランス語由来の言葉などを含め、単語や品詞についてポッドキャストで詳しく知ることができます。

「English in a Minute(1分間英語)」では、1分のお話ごとに1つの言い回しや表現に焦点を当てます。私はいつも英語の授業で使わせてもらっています。

リスニング
ポッドキャストや映像など、このサイトの大部分がリスニング用になっています。沢山の番組がありますが、どれも特定の分野に焦点を当てて作られています。

「In the News(ニュースの中で)」や「As It Is(あるがままに)」ではとても明快でわかりやすくニュースが紹介されています。

「American Mosaic(アメリカンモザイク)」は、アメリカの文化や音楽、ライフスタイル、「The Making of a Nation(国の成り立ち)」はアメリカの歴史や今どのように発展しているかについて、「Science in the News」は最新の科学についての番組です。

2.TalkEnglish.com

Learn English Speaking and Improve your Spoken English with Free English Speaking Lessons Online!

Talk English は英語で話す力を向上させることを主な目的にしていますが、ウェブサイトを見れば、他のスキル(リスニング、語彙力、慣用表現など)も磨けることがわかります。

とても見やすいサイトで、「英語で話すレッスン」「リスニングのレッスン」「特別英語レッスン」「さらに特別な英語レッスン」などから選ぶことができます。

どのコースにも、英語レベルや扱っている話題によってさらにいくつかのコースが用意されています。始めればすぐに、このサイトがとても広範囲な英語サービスを提供していることがわかると思います。

どこから初めていいかわからなければ、目次から始めてみましょう。このサイトのレッスン全体を見ることができます。興味を引かれ、自分の英語レベルに合ったものを見つけられるはずです。

また、有料ですがサイト全体をダウンロードすることもできますので、頻繁にこのサイトにアクセスしたりオフラインで利用したい場合は利用すると良いでしょう。

特に優れている所

リスニング
サイト上のどこをクリックしても、明快で自然な英語音声を聞くことができます。

何日間このサイトで学習していても同じ音声を2度聞くことがないくらい英語音声が豊富です。すべて文字にもなっていますので音声の内容をフォローするのも簡単です。

スピーキング
このサイトにあるどの文章ででも、英語を話す練習ができます。ネイティブスピーカーの後に、できるだけ同じになるように真似しながら単語や熟語を発音してみてください。

特定の熟語や単語を使ったスピーキングレッスンが90以上用意されていて、英語スキルを磨くことができます。

語彙や慣用表現
個人的にはこのサイトの中で一番いいところだと思います。

特に慣用表現の学習にもってこい。10のセクションそれぞれに、特定の慣用表現に関する15のレッスンが用意されています。

英語の語彙を増やすための情報やリンク先、リストが載った語彙ページがあります。
インタビューや旅行、ビジネスなどそれぞれの分野で使う専門的な表現が載っています。

3.BBC Learning English

BBC Learning English – Learning English

これはイギリスの公共放送BBCのサイトで、VOAによく似ていますが、イギリスのニュースを主に扱っています。VOA同様、BBCもネイティブ向けのニュースサイトです。もちろん、英語を学ぶ人にとっても優れたサイトです。

英語のレベルに合わせたコースが用意されているのに加えて、文化、言語、最近の出来事、そして英語について取り扱ったプログラムもあります。もう一つすごいところは、ほとんどの記事の書き起こしをPDFでダウンロードしたり音声ファイルを落としたりできることです。

特に優れている所

リスニング
このサイトでは音声と映像を区別して収録しているので、リスニングの練習が簡単にできます。

最近の出来事
「Words in the News(ニュースの言葉)」では、話題になっている短いニュース映像を見ることができます。必ずしもその日のニュースというわけではないので、まさしく最新のニュースを見たいならBBCのメインのニュースサイトを見ると良いでしょう。

語彙
「The English We Speak(私たちの英語)」は、英語の慣用表現に特化しています。

「6 Minute English(6分間英語)」では、語彙、リスニング、文化をはじめとした広い話題を短くて面白い映像にまとめていて、健康や化学、カルチャー、そしてコーヒーの話題などもあります。

発音
発音や英語の音に特化したセクションもあります。お分かりのように、サイトはすべてイギリス英語によるものです。もし今までアメリカ英語を学んできたなら、特に母音の発音で少し違うところがあると思います。

4.Elllo

English Listening Lesson Libary Online

Elloはとても有名で、いわゆる標準的な英語のリスニングレッスンの一つです。1300を超える豊富なレッスンに加えて、ビデオなどいろいろな教材で英語を上達させることができます。

英語のレベルごとに分かれた豊富な話題が用意されていて、それぞれのレッスンに単語のまとめや小テストがありますし、ほとんどのレッスンがMP3音声や文字でダウンロードできます。使い方はとても簡単です。

実際、英語の先生もこのサイトから試験問題を作っていることもあるかもしれませんよ。

特に優れている所

リスニング
このサイトの主な目的がリスニングです。ものすごく豊富なレッスンと話題があり、ネイティブの英語もそうでない人々の英語も混ざっているので、いろいろなアクセントを学ぶことができます。

語彙
ほとんどのレッスンに単語テストがあります。そんなに難しいものではありませんが、重要な単語、熟語、慣用表現を覚えるのに役立ちます。

5.The Learning Network from The New York Times

The Learning Network – The Learning Network Blog – The New York Times

ニューヨークタイムズが提供するサイトで、ニュース記事が豊富ですので、特に上級者に合ったサイトと言えるでしょう。とはいえ、英語のレベルに関わらず、記事をさらによく理解できるようになるために役に立つはずです。

特に優れている所

記事の種類
このサイトの面白い特徴は、週刊の「What’s Going On in This Picture?」と日刊の「Student Opinion」という、ユーザー参加のコンテスト形式の問題があるということです。他にも、参加型のニュースクイズやライティング問題が毎週あります。

語彙
各記事に出てくる重要語の他にも、特定の単語を取り上げる「今日の単語」があって、ミニテストがついています。

最新の出来事とニュース
ニューヨークタイムズですから、ニュースに関連したものがたくさんありますが、例外的に「On This Day」というセクションがあって、歴史を取り上げています。

6.Englishpage.com

Advanced English lessons

基礎的ではありながら膨大な情報量を誇るサイトです。文法が苦手な人にはとても良いサイトで、言葉のレッスンやリスニング用のページへのリンクもついています。

特に優れている所

文法
このサイトの文法セクションの目次をみれば、その豊富さが一目でわかるでしょう。

動詞の時制ひとつをとってみても、動詞に関して考え得る説明は全てそろっています。理解度をチェックするための小テストとして、30の「エクササイズ」もあります。動詞の時制だけで、ですよ。

これが終わっても、目次にはまだ他に100のトピックがあります。もしそこにないものがあるとしたら、たぶん覚える必要がないものだということです。

7.Englisch-hilfen.de

Englisch Lernen Online – Grammatik, Vokabeln, Prüfungen, Spiele

ここにドイツ語のサイトがあるのは編かもしれませんね(このサイトの意味はドイツ語で「英語学習の助け」です)。でもこれは本当に使えるサイトなのです。

何がいいかというと、これは英語圏ではない国のサイトですから、英語ネイティブではない人たちのためにとてもわかりやすい説明と例文が掲載されているということです。

特に優れている所

文法
現時点で文法に関して190のページがあり、説明と演習問題がついています。どれも明快でわかりやすく、演習問題も取り組みやすい内容です。

語彙
語彙に関しても190ページほど用意されていて、主な説明部分と演習問題部分に分かれています。演習も面白く、他のサイトには出てこない話題があったりします。

例えば、「慣習と伝統」に関する演習は特に面白いですよ。ここでは、アメリカの州都やニックネーム、地理などについての小テストがあります。ハングマンゲームもありますし、他にも本当にたくさんのトピックが用意されています。

8.Open Culture

The best free cultural & educational media on the web – Open Culture

このサイトはちょっと怖い感じがするかもしれませんが、怖がらなくて大丈夫です。英語学習者だけでなく、誰にとってもとても役に立つ内容がたくさん紹介されています。

このサイトは、インターネット上にある無料サイトを一カ所にまとめているものです。ほとんどは教育や文化に関連したものですが、英語を学ぶ人用に作られているセクションもあるのです。リンクをクリックすると別のサイトにジャンプしますが、またOpen Cultureに戻ってきて、英語の学習に役立ちそうなサイトを探すことができます。

このサイトを最大限活用するなら、いろいろ見てみることでしょう。サイドバーにあるトピックリストから、自分の興味を引くものを見つけてください。ほとんどは英語で書かれていますので、自分の英語レベルに合ったものを見つけなければなりません。でもリスクは全くないですよ、だって無料ですから。

特に優れている所

  • 無料教材を探せる
  • 1150の一般的なオンライン授業と、たくさんの無料の大学オンライン講義
  • 700本の無料映画
  • 700冊の無料オーディオブック
  • 700冊の無料電子書籍
  • 200冊の無料教科書
  • 英語を含めた48言語の無料レッスン

などが無料で見つけられます。

9.Randall’s ESL Lab

Randall’s ESL Cyber Listening Lab – For English as a Second Language

このサイトは慣れないとよくわからないと思いますが、内容がとても豊富です。サイトが主に注力しているのは、リスニングです。

どのレベルにもたくさんのレッスンが用意されています。どこから始めていいかわからなければ、最初にホームページを開き、分野ごとのトピックを見て、自分の興味を引くものを探してみるとよいでしょう。

特に優れている所

リスニング
このサイトはたくさんのセクションがあり、レッスンの終わりには議論用の課題がいくつかと、音声ファイル、そして小テストが付いています。トピックも小テストも良い内容のものばかりですが、ダウンロードするのは難しいでしょう。

つまり、音声ファイルを聞きたければ、基本的にインターネットに接続している必要がある、ということです。

語彙
語彙力アップのためのセクションもいくつかありますが、リスニングに比べると少ないです。でもリスニングには、語彙を増すのに重要なスクリプトとライティングの小テストがありますしRandallにはスラングの勉強にもなるウェブサイトがあります。

10.Smart Words

Smart Words – A handpicked Collection of Gems of the English Language

Smart Wordsはほぼ完全に語彙力アップのために作られていて、他のサイトに比べると小さい感じは否めませんが、他のサイトにはないと言われている分野があります。語彙力アップをしたいなら、このサイトを見てみてください。

とても明快で使いやすく、すべて分野ごとに分けられていますが、レベルで分けることはしていないので、初心者には向かないでしょう。分野ごとに分けられているため、標準的な英語のテスト、たとえばTOEICやTOEFLなど、同義語の知識がとても役に立つテストで役に立つはずです。

特に優れている所

語彙
このサイトは言葉の学習に特化していて、同義語や対義語を扱ったセクションは特に優れています。引用やことわざ、慣用表現、だじゃれやユーモアのページはとても楽しめます。

さて、このリストで挙げたサイトからあなたが新しい教材を見つけてくれたらうれしいです。英語の授業に出たり英語のテキストをたくさん持っているにしても、ここで紹介したサイトが英語の上達に一役買ってくれるはずです。

完璧な英語学習サイトはありません。でも、自分にとって面白いと思えるサイトを使っていれば、絶対に英語がうまくなったと気づく日がきますよ。

オススメ 【体験談】オンライン英会話の無料体験を8社受けました。選び方とは

オススメ 英語の基礎学習にオススメなアプリ30選【iPhone・Android】