洋楽でリスニング学習する4つの手順とおすすめな洋楽15選



オススメ 【体験談】オンライン英会話の無料体験を8社受けました。選び方とは

オススメ 英語の基礎学習にオススメなアプリ30選【iPhone・Android】

英語の勉強を続けるコツは「楽しみながら」取り組むこと。楽しくリスニングを上達させるには洋楽を使うのが一番です!

そこで今回は洋楽を使ったリスニング学習の4ステップとおすすめの洋楽15曲をご紹介します。

スポンサードサーチ


洋楽を通してリスニング力を向上させる4つの手順とは

洋楽を通してリスニング力を向上させる4つの手順とは
洋楽を使ったリスニング学習は下記の4つの手順にしたがって行うと効果的です。

STEP1. 同じ洋楽を繰り返し聴く。

曲をまだよく知らないなら、頭の中にメロディが残るまで聞きましょう。もしお気に入りの曲でそらでも歌えるのなら、準備は万端です。次のステップに進みましょう。

STEP2. 洋楽の歌詞を読む。

歌詞を読んでいて分からない言葉が出てきたら、インターネットで調べてみましょう。Metrolyrics やAZLyricsなどのウェブサイトに歌詞のリストが載っています。
Song Lyrics | MetroLyrics
AZ Song Lyrics | MetroLyrics

STEP3. わからない単語やフレーズの意味を調べる。

わからない英単語を聞いていても英語力は伸びません。例えば、あなたがアラビア語をずっと聞き流していたら、アラビア語のリスニング力が伸びると思いますか?そうは思わないと思います。英語も同じなので、わからない英単語・フレーズはしっかり記憶しましょう。

STEP4. 曲の意味を深く理解する。

「歌詞の意味することとは何か?」洋楽を聴きながらこれを考えてみましょう。ある曲は物語になっていたり、また別の曲は気持ちや考えを分かち合おうとするものだったりします。もし曲の意味がよく分からなかったら。友達同士で洋楽の意味を話し合ったり、改めて歌詞の意味を調べてみたりましょう。

リスニング力向上におすすめな洋楽15選

リスニング力向上におすすめな洋楽15選
それではさっそく見ていきましょう!

お気に入りの音楽はSpotifyで聞こう\(^o^)/

Spotifyなら無料で音楽聴き放題!アプリなので移動中とかも使いやすいですね。海外サービスなので、洋楽いっぱいですよ〜。

Spotify -音楽ストリーミングサービス

Spotify -音楽ストリーミングサービス
開発元:Spotify Ltd.
無料
posted with アプリーチ

1. “Let It Go” – Demi Lovato

ディズニーの最新映画「アナと雪の女王」は、人々の心を捕え「ありのままで」は、挿入歌で最も大ヒットした曲の一つ。 心のブレーキが効かなくなり、誰もたどり着けない場所で終わりを迎えるということを歌った曲です。

抑えておくべき英単語
・Isolation (孤独)―完全に一人で、残された世界から追放されること。
・The wind is howling(風がうなる)ー風がとても強く吹いている時、オオカミがうなっているように聞こえるということ。
・Conceal(身を隠す) – 隠れること。
・Grieve(嘆き悲しむ) – 死などの出来事で悲しい気持ちになること。
・Hold it back(感情を抑える) – 物事が起こらないよう抑えること。自分自身の中に留めて外に出ないようにすること。

2. “Blank Space” – Taylor Swift

テイラー・スウィフトの人気ソング“Blank Space,”では、多くの男性と付き合い別れも多く経験していると言われる女の子が出てきます。

抑えておくべき英単語・Rumors(うわさ)ー主に、他人について人々の間で話される間違っているであろう話。
・Reckless(無鉄砲)– よく考えずに、また、危険なことでも結果を省みずに、行動すること。
・Incredible(信じられない) – 信じ難くとても驚くこと。

3. “Demons” – Imagine Dragons

邪悪で貪欲な悪人に出会う男性の嘆かわしい歌です。 彼は自分が悪人の1人であると信じていて、愛する人を傷つけたくないので、悪魔を心の奥深くに隠しています。彼は愛を守りたいのですが、世界がネガティブなものに満ちていて守り通せないと思っています。そして、ネガティブなものに支配されないようにしようとしますが、できない。そんな洋楽です。

抑えておくべき英単語・Hail(あられ、ひょう)ーあられやひょうは、空から降る氷の粒ですが、この曲では人々について良い事を言うという動詞で使われています。
・Shelter(避難所)―自然の驚異や人々から逃れられる安全な場所。
・Masquerade(仮面舞踏会)―参加者が仮面を被るパーティー。
・Greed(貪欲)―特に自分が持っていなくても他人が持っているものを欲しがること。
・Woven(編み物)―細長く裂いた素材で編み込んだ物―ここでの場合、固く繋ぐということ。

4. “A Thousand Years” – Christina Perri

この恋愛歌は、永い年月に渡り恋い焦がれ待ち続けていたのに、永遠に待ち続けなければならない人についての曲です。

抑えておくべき英単語・Doubt(疑惑)ー本当かどうかわからないもののこと。
・Brave (勇敢)―勇気をみせること、怖くてもやるということ

5. “She Will Be Loved” – Maroon 5

この歌は、自分を友達としか見てくれない女の子を好きになってしまった男の子についてです。 彼は彼女が悲しんでいる時はいつも慰めているのですが、彼女は愛されているとわかっているのに、常に他の誰かとつきあっています。

抑えておくべき英単語・Pouring rain (土砂降りの雨)―雨がとても強く降る時、まるでバケツの水をひっくり返したかのようです。
・Insecure(不安定)―自分自身を信じられない人の様子。
・Compromise(妥協)―大方納得のいくところで問題を解決しようとすること。

6. “I’m Yours” – Jason Mraz

人生は短いので、大好きな誰かに会うとき、行動を共にし、気持ちを伝えましょう! 少なくとも、それがこの曲の言いたいことです。

抑えておくべき英単語・Be chill(とても落ち着いている)ー落ち着いていることの、くだけた表現。
・Reckon(推測する)ーアメリカ南部出身の人以外にはあまりよく使われない言葉だが、推測したり想像したりすること。
・Scootch closer(ちょっと近づく)ー少し近くへ移動すること。
・Complicate(複雑にする)ー物事をより難しくすること。

7. “Hey There Delilah” – Plain White T’s

デライラという女性に向けて歌われた洋楽です。彼女はニューヨーク市に住んでいますが、この歌の歌手は住んでいません。それでも彼は成功し、同棲できると信じています。

抑えておくべき英単語・Disguise(変装する)ーマスクや洋服を使い、誰かや何かの真似をしようとする。本当のあなたとは違う何かを感じているかのように、気持ちまで装うことができる。
・My word is good(約束を守る)ー“私のいう事を信じて”という意味のくだけた表現。
・To blame(非難する)ー何か起こしたことや起こした人に対して意見すること。

8. “Just Give Me a Reason” – Pink, featuring Nate Ruess

人間関係について歌った洋楽です。この曲に出てくる女性は、些細な事など(ベッドを共にしない)で、彼との関係を終わりにしたいと思ってしまいます。一方、彼は思い当たる節がないので、彼女がなぜこのように感じているのか理解できません。

抑えておくべき英単語・Victim (被害)―この曲の場合、感情的に誰かを傷つけてしまうということ。
・Running wild(狂う事)―悪い方向へ行くことや狂うこと。一旦狂ってしまうと、コントロールできない考えを持ってしまう。
・Come clean(白状する)ー物事をやったと認めること。告白すること。

9. “Spell” – Marie Digby

この歌は、どこにでもいるような平凡なの女の子がステージで歌い始めると、みなの注目を集め、まったくの別人になるという歌です。舞台から降りると、普通の女の子に戻ります。

抑えておくべき英単語・Spotlight (スポットライト)ーステージにいる人を照らすライト。みなの注目を集めるという意味もある。
・Wear your heart on your sleeve(臆病になる)ー臆病な気持ちにさせるということ。
・Emanate (発散、放射する)ーライト・音楽・その他迫力(この曲の場合、美しさ)が、人物や物(家など)から発せられること。
・Eloquent (雄弁さ)ー言葉を巧みに使える人。
・Graceful(優雅さ)ー人や物が美しく上品に動くこと。

10. “Still Into You” – Paramore

多くの歌は失恋について書かれていますが、この歌は長く強固に続く良好な関係について書かれています。長い年月が経過してもお互いに愛し合えるということが言いたいのです。

抑えておくべき英単語・Fingers interlock(指を絡め合う)ーお互いの指を絡めること(抱擁するように)。
・Recount(物語る)ーなにかについて話をする。
・Into you(好き)ー誰かのことが好きということの、くだけた言い方。

11. “Face Down” – Red Jumpsuit Apparatus

虐待は、抜け出すのが難しく、恐ろしい関係です。女性にするあらゆる悪いことが、結局は彼女から傷つけられることになる、ということを歌った洋楽です。

抑えておくべき英単語・Crumble (ぼろぼろになる)ーケーキや壁のように粉々になって落ちること。
・Push around (乱暴に扱う、こき使う)ー文字通り誰かを乱暴に押すこと、誰かに命令したり、するべきことを伝えること。
・Ripple(波紋)―小さなものが水面に落ちた時にできる輪の模様。

12. “Taking Chances” – Celine Dion

全てを忘れて一緒にいたいと思える人に出会うことが、人生のうち一度はある。チャンスをつかみにいこう。そんなことを歌った洋楽です。

抑えておくべき英単語・Not meant to last(永遠に続かない)ー近いうちに終わるということ。
・Hell to pay (一大事)―とても怒らせるような出来事が起こること。

13. “I Got You Under My Skin” – Frank Sinatra

この歌では、とある彼にとって大きな存在である女性について表現しています。彼は、もう潮時だと分かっていても諦めることができません。なぜなら彼女は彼の一部になっていたから。そう、ぞっこんなのです。

抑えておくべき英単語・Sacrifice(犠牲)―より良い物を手に入れる見返りに何かを与えること。
・Give in (降参する)ー反抗するが最終的にしぶしぶ受け入れること。
・Mentality(考え方)―物事を考える方法。

14. “Shattered” – The Rolling Stones

この歌は、NYCのより暗い部分を描いています。ニューヨーク市はたくさんのチャンスが転がっている巨大な都市ですが、ローリングストーンズは、強盗を企む人がたくさんいる場所として描いています。

抑えておくべき英単語・Shattered(くだける)ーガラスのように粉々に壊れること。
・In tatters (ぼろ)ーぼろぼろに破けること。一般的に洋服や布について言う。
・Battered(続けざまに打つ・殴る)ー殴り合いをすること。
・Splattered (ばちゃばちゃ撥ねる)ーなにかに水が飛び散ること。

15. “Dumb Ways to Die” – Tangerine Kitty

この歌は、オーストラリアの地下鉄のためにつくられたコマーシャルです!おばかな死に方をリストにし、最もおばかな死に方のひとつは、電車を待っている時ルールを守らないことにより起こると説明しています。

抑えておくべき英単語・Psycho(精神病者)―狂っている、正気ではない様子。
・Boom gates (踏切)―電車が来る時、車が線路を渡らないようにさせるために設けられたゲート。

以上です!記事が参考になりましたら幸いです。

オススメ 【体験談】オンライン英会話の無料体験を8社受けました。選び方とは

オススメ 英語の基礎学習にオススメなアプリ30選【iPhone・Android】